FC2ブログ

熊田曜子&安田美沙子の貴重な画像を大量アップしちゃうよ~

さきがけアイドル通信アイドル画像やCM動画、YOUTUBE動画まで網羅!! AKB48,Perfume,佐々木希,ほしのあき,新垣結衣,しょこたん,北川景子,夏帆,優木まおみ,などなどあなたの知りたい情報全て教えます!!

ブログ内検索

特集記事

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

月別アーカイブ

最新コメント

ランキングサイト

人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング


芸能人人気ブログランキング

No1ブログランキング!(エンターテインメント/芸能人/アイドル)

ブログランキング

Blog Rank7

芸能・アイドル

PVランキング

相互リンク様

熊田曜子&安田美沙子の貴重な画像を大量アップしちゃうよ~

熊田曜子&安田美沙子



*熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、女性タレント、グラビアアイドル。
アーティストハウス・ピラミッド所属。


*安田 美沙子(やすだ みさこ、1982年4月21日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、女優。 京都府宇治市出身。所属事務所はアーティストハウス・ピラミッド。血液型はO型。 星座は牡牛座。ニックネームは「みちゃ」、「みちゃこ」、「みーちゃん」など。

熊田曜子&安田美沙子 画像


































































熊田曜子&安田美沙子の画像をもっと見る


もっとアイドルの秘蔵写真を見たい方
もっと女優のお宝写真をみたい方




熊田曜子&安田美沙子 動画
熊田曜子&安田美沙子 1/3


熊田曜子&安田美沙子 動画(2/3)
熊田曜子&安田美沙子 動画(3/3)



★熊田曜子についての詳細
来歴

* 1998年3月 岐阜市立藍川北中学校卒業。
* 2001年3月 関市立関商工高等学校商業科卒業。
* 関市立関商工高等学校3年のとき、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられる。その後看護学校へ進学するが、芸能界入りの夢を捨てきれずに芸能事務所のオーディションに応募。この際母親が海外旅行中で、加えて荒天によって帰国が数日程度遅れたことから、この間に手続きを済ませ芸能界デビューを果たした。
* 2002年下半期から2003年上半期にかけて当時同じ事務所に所属していた伊藤絵理香、相楽のり子らとともに『P-GIRL』というグループで活動していた。
* 2006年4月19日 1stシングル『Always / わたしだけの場所』でCDデビューを飾る。この為に何年もボイストレーニングをし1度レコーディングは済んだが満足いかずにやり直したり、CDジャケットを自身でデザインする等した為、大々的に報じられ話題を呼んだ。
* 2006年11月22日 2ndシングル『kiss me kiss you again』を発売。
* 2007年8月13日 岐阜県の飛騨・美濃観光大使に選ばれ、古田肇県知事から委嘱状を受けた。
* 2007年10月3日 3ndシングル『Nonstop Love」と、1stアルバム『Lady Child』を発売。都内のライブハウスで初ライブを行った。

人物

* 郷土愛が強く、様々な番組で地元・岐阜県のアピールをしている。
* 「いずれ時代劇の出演オファーが来るように」ということで、ピアスは付けないように心がけている。
* ほしのあきと仲が良い。ほしの曰く、「メールしてもすぐ返信が返ってくる」。また、クリスマスも一緒に過ごした事がある。
* グラビアアイドルとしての活動が中心だが、テレビのバラエティ番組にも多数出演しており、若槻千夏や安田美沙子などグラビアアイドル仲間の数人と「グラビアサミット」と称するミーティングを重ね、バラエティ番組における対策を日々練っている。
* 特技は一輪車。子供の頃「一輪車少女」としてテレビ出演をした経験がある。
* 脇の下のあたりにも乳首(副乳)があることをテレビで披露した。全部で4つある。
* グラビアアイドルとしてのキャッチフレーズは「史上最強の美巨乳」である。
* グラビアデビューの頃は巨乳よりもクビレを意識してアピールしていた。
* 色々なタイプのブラジャーを大量に集めている。

エピソード

* TV番組の一般アンケートで「ホストクラブに通っていそうだ」という結果が出た時、「事務所の先輩の鈴木紗理奈さんから『バラエティー番組でお金を稼ぐのは身を削って稼ぐことだ』と言われたんですよ。そうまでして頑張ってためたお金をホストクラブでは絶対に使いませんよ」と発言した。
* 昔は胸が小さかったのだが、バストマッサージをしてFカップの豊満なバストを手に入れた。
* インパルスの堤下敦に「胸を触らせてくれ」とせがまれた事がある。(ロンドンハーツで本人が暴露した。)
* 2003年6月18日、「ディスカバ!99」(TBS系)にて自分の親の教育方針で「相性があるから沢山の人とエッチしなさい」という名言を残した。後に、「エッチ」ではなく「たくさんの人と付き合いなさい」と言われていると言い換えた。
* 2004年頃のグラビア誌のインタビューで記者にスタイルの良さを褒められると「知ってます」や「他の子と並ぶと私綺麗だなって思いますね」と答える発言があったが、後に本人が某番組で「完全に天狗でしたし、その後すぐに鼻を折られました」と語った。
* 2005年1月6日放送の日本テレビ系列「金持ちA様×貧乏B様」の特別番組で、インドネシア・バリ島の観光親善大使に選ばれた。
* 「アンジャッシュの渡部建と合コン」などという記事が週刊誌に掲載された事があったが、実は熊田と渡部と他1組の男女で食事しただけの事だった。
* 2006年1月27日、写真週刊誌「フライデー」にナインティナイン岡村隆史との熱愛が報じられる。このことについて2月19日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で語ったが、交際を否定するコメントがなかった。しかし、その後の放送では和田アキ子に相談していたことが分かり、和田アキ子に「私が保証する」「早いうちにはっきりさせたほうがいいで」「ちゃんと確認しなきゃ!(アコムのCMから引用)」など檄交じりに言われ、お昼の生放送で「(Hは)してません!」と叫び、性的な関係を否定した。
* 2006年3月28日の「さんま御殿」(日テレ系)で明石家さんまに「さんまさんを見るとドキドキする」とアピールし「緊張のせいかもしれないけど」とも語る。
* 2006年5月2日のロンドンハーツ(テレビ朝日系)で、CDオリコンチャート対決で青田典子に負けて、罰ゲームが決定。故郷岐阜でジーザスをすることになった。しかし、「罰ゲームは『MUSIC STATIONに出演』にしてほしかった」という声もあった。
* 2006年6月4日に罰ゲームを決行。この模様は6月13日のロンドンハーツ(テレビ朝日系)で放送され、高校時代の教師と同級生、中学時代の初恋の人の前でジーザスをし、お宝写真3枚とラブレターが暴露された。
* 2006年6月15日のクイズ$ミリオネアで、1000万獲ったら自費出版で日記を売りたいと言う事に対し、みのもんたが「xx君とデートしたとか?」と岡村の事を言われて慌ててしまった。
* 2006年7月10日、熊田に似ているとブログで自称していた女が、自動車へ放火した容疑で逮捕される事件があった。この事件に関して熊田は友人から知ったといい、同月16日放送の「アッコにおまかせ!」で「めっちゃ迷惑ですよ!」とコメントした。
* 2007年6月21日、週刊誌「週刊文春」で島田紳助と沖縄県名護市のリゾート地で密会していたと報じられる。この報道に対して紳助が所属する吉本興業は「そういう事実はない」熊田も「沖縄で撮影したのは事実だが密会は100%ありません」と否定した。
* 2007年、飛騨・美濃じまんプロジェクトの一環として飛騨・美濃観光大使に委嘱した。
* 2007年、ダウンタウンDXに出演した際、男性と付き合うまで約1年は様子を見ると語っている。

出演

テレビ

バラエティ・情報番組

* アッコにおまかせ!(TBS系)
* さんまのSUPERからくりTV(TBS系)
* ロンドンハーツ(テレビ朝日系)
* シブスタ S.B.S.T(テレビ東京系、終了)
* ヘビメタさん(テレビ東京系、終了)
* LIVE BANG!(テレビ東京系、終了)
* Go on(KBS京都、2003年4月~9月)
* 午後は○○おもいッきりテレビ(日本テレビ系、月1回コメンテーターとして出演 2007年4月~9月)
* トシガイ(日本テレビ、2007年11月8日放送)
* ダウンタウンDX(日本テレビ系列)ゲスト出演
* たかじんのそこまで言って委員会(讀賣テレビ放送)ゲスト出演

ドラマ

* 探偵ブギ(東京MXテレビ 第11,12話(最終回)) 松島さゆり役
* いちばん暗いのは夜明け前(テレビ東京、2005年)

Vシネマ

* The かぼちゃワイン Another(2007年10月26日)

ラジオ

* 熊田曜子 よ~こお聴き!(岐阜放送ほか)
* 三菱ふそう presents 熊田曜子 風をあつめて(TOKYO FMほか)
* 熊田曜子の いい旅 ふた旅 ぎふの旅(Radio80ほか)

コマーシャル

* z9z9.com(ザクザク・ドットコム)
* アコム

ゲーム

* ヘビーメタルサンダー(目黒ヨーコ役)

PCソフト

* スーパーアイドルデスクトップカレンダー熊田曜子コレクターズ(ジーズ・コーポレーション)

パチンコ

* CR熊田曜子参上(豊丸産業)

作品

写真集

* mimosa(2002年3月20日、アクアハウス) ISBN 4-8604-6038-3
* フォルテシモ(2002年8月27日、ベストセラーズ) ISBN 4-5841-7089-4
* 燦々曜子(2003年2月28日、エッジ) ISBN 4-9211-5952-1
* 7×7 7Day's 7Colors(2003年8月22日、ぶんか社) ISBN 4-8211-2557-9
* TRAP!(2003年12月18日、学習研究社) ISBN 4-0540-2130-1
* ハプニングブルー(2004年5月13日、講談社) ISBN 4-0636-4579-7
* PRIVATE(2004年6月30日、アスコム) ISBN 4-7762-0178-X
* BERUANG MANIS(2004年8月31日、竹書房) ISBN 4-8124-1805-4
* 木漏れ陽(2004年11月22日、彩文館出版) ISBN 4-7756-0056-7
* comfortable(2005年3月25日、ワニマガジン社) ISBN 4-8982-9790-0
* Kuma You(2005年7月27日、講談社) ISBN 4-0636-4645-9
* Dreamy Days(2005年10月20日、アクアハウス) ISBN 4-86046-100-2
* UNLIMITED(2006年1月31日、小学館) ISBN 4-09-103048-3
* Love Potion(2006年4月15日、学習研究社) ISBN 4-05-604333-7
* sunlight(2006年6月、イースト・プレス) ISBN 4-87257-700-0
* 熊田曜子&安田美沙子 with DVD PHOTO BOOK 2 Love trip(2007年4月20日、秋田書店) ISBN 4-253-11002-9
* Cover Girl(2007年7月25日、音楽専科社) ISBN 4-87279-209-2

DVD

* a la mode(2002年3月20日) ISBN 4-86046-212-2
* Indian summer(2002年9月15日)ISBN 4-88383-809-9
* ハイビスカス(2003年6年26日)
* sabra best girls DVD(2003年12月17日)
* RAINBOW(2004年2月25日)
* Se-女! シリーズA(2004年3月25日)
* 百花繚乱の美女達 Vol.1 カタログDVD
* 熊田曜子(2004年6月16日)
* teleport(2004年7月25日)
* コンプリートBOX(2004年9月25日)
* RODEO GIRL ロデオガール(2004年10月25日)
* 熊田曜子 Self Produce(2004年10月25日)
* Beach Angels 熊田曜子 in バリ(2004年11月25日)
* シブスタレーベル idol complete 2005 Winter RED(2005年1月26日)
* Stronger(2005年2月20日)ISBN 4-902526-61-1
* Everytime(2005年2月20日)ISBN 4-902526-60-3
* DAWNING WINDOW(2005年4月25日)
* WPB-net remix DVD 熊田曜子「TO LOVE,BE LOVED」(2005年6月10日)ISBN 4-08-900517-5
* 熊田曜子×相楽のり子 Friendly Ship
* BLOSSOM(2005年6月25日)
* Day off 東京美優(2005年6月25日)
* Treasure(2005年7月20日)
* 熊田曜子 / DAWNING WINDOW & BLOSSOM(UMD Video)(2005年9月28日)
* 熊田曜子 Special DVD-BOX(2005年12月15日)
* yoko,Sweetheart(2006年2月15日)ISBN 4-86046-277-7
* Love-Me(2006年4月25日)
* Talk-Me(2006年5月25日)ISBN 4-86084-504-8
* Heartful Days(2006年5月25日)
* 異邦人 もう一人の私(2006年6月30日)
* PREMIUM SELECTION(2006年8月30日)
* With(2006年9月20日)ISBN 4-86232-065-1
* Glare(2006年12月15日)
* コラボレーションBOX ~Because of you~(2007年2月28日)
* プレミアDVD-BOX(2007年3月25日)
* Rendez-vous ~ランデブー~(2007年5月31日)ISBN 4-7771-0650-0
* Gravinist yoko(2007年8月24日)
* Favorite(2007年10月24日)
* 4 Pieces BOX(2007年11月20日)
* 陽光スイーツ(2008年1月20日)

ディスコグラフィー

全てドーンエンターテイメントジャパンより発売

シングル

* Always / わたしだけの場所(2006年4月19日)

XJCN-9001(初回限定盤 CD+DVD) XJCN-1001(通常盤)

* kiss me kiss you again / 秋物語(2006年11月22日)

XJCN-1003

* Nonstop Love / 夏想い(2007年10月3日)

XJCN-1004

アルバム

* Lady Child(2007年10月3日)

XJCD-9001(初回限定盤 CD+DVD) XJCD-1002(通常盤)


外部リンク

*アーティストハウス・ピラミッド・熊田曜子プロフィール
*ドーンエンターテイメントジャパン
*三菱ふそう presents 熊田曜子 風をあつめて
*プリンセスコレクション
*ThePPN:Kumada Yoko



★安田 美沙子についての詳細
来歴

京都府立東宇治高等学校卒業後、摂南大学国際言語文化学部に進学。大学在学中の2001年4月28日、京都駅前の伊勢丹の靴売り場でスカウトされる。その後多忙になったため大学を中退。

翌2002年の「ミスマガジン2002」に於いて「ミスヤングマガジン」に選出され芸能界デビュー。当時の所属事務所は、カノックスフィルム。当時は憧れの人として、同じ所属事務所で同郷の田畑智子を挙げていた。

2003年、週刊プレイボーイ誌の第6回トレカ大賞で新人賞を受賞。又、この年から地元・京都に本社を構える消費者金融・アイフルのCMに出演し話題になる(その後アイフルに違法な高金利や取り立てなどの各種トラブルが存在する事が発覚し、2006年4月以降は放送が一時期休止されたが、事実上の降板とも言える)。さらに、徳間プロモーションのe-niceレーベルより歌手デビューも果たした。

2004年、サントリービールキャンペーンガールに抜擢された。

2005年10月 - 12月に放送されたテレビ朝日のドラマ『熟年離婚』で連ドラ女優デビュー。また同年暮れ公開の「ルナハイツ」において初の映画出演を主演デビューで飾っている。

2006年3月に第43回ゴールデン・アロー賞“グラフ賞”を受賞。前年にミスマガジンの後輩・岩佐真悠子が同賞を受賞した際にも同賞の候補の一人に挙がっていた事もあり、満を持してといった感の受賞となった。

ちなみに週刊ヤングマガジンをはじめ週刊ヤングサンデー、ビッグコミックスピリッツ、週刊ヤングジャンプの週刊青年漫画4誌すべての表紙を飾った数少ないひとりである。

人物・エピソード

* 二卵性双生児の弟がいる(東京在住・安田によると「ORANGE RANGEのRYOに似ている」らしい)。バラエティ番組「カミングダウト」に出演経験がある。のちに今田ハウジングに出演した際に、「母親は弟ばかりかわいがって、私のことは好きじゃないみたい」と発言した。本人も弟も東京に住んでいるが、母親が上京する際には弟の家にのみ立ち寄ることから。
* 中学・高校ではバスケットボール部に所属していた。テレビ朝日の番組「堂本剛の正直しんどい」では、堂本剛や山里亮太(南海キャンディーズ)らと共にママさん最強バスケチームと対戦。経験者だけあって良い動きで堂本らをフォローした。
* 高校の先輩に坂下千里子がおり、フジテレビの「笑っていいとも」や「もしもツアーズ」で共演したことがある。親友には同事務所で同い歳のタレント熊田曜子、他に若槻千夏や東原亜希がいる。某クイズ番組では、風邪で出演出来ない熊田に代わり出演した。熊田はライバルだそうだが、普段は仲が良いとのこと。
* フォークデュオ・ゆずのファンである(いわゆる「ゆずっこ」)。以前に番組で共演する機会があり、その際2人に手作りのチーズケーキを振舞ったことがある。また、好きな男性のタイプに北川悠仁と答えている。好きな漫才師は笑い飯。2005年度のM-1グランプリにゲスト出演した際に、「笑い飯に勝ってもらいたい。」とコメントした。
* 自身の恋愛感を「熱しやすく冷めやすい」という。また性格上、二股などは出来ないらしく、仕事で上京することになり京都在住の頃の彼氏と離れ離れになった後、東京在住の友人のつてで助けてもらったある男性に惚れてしまい、京都の彼氏に「他の人が好きになった」と正直に告白して別れた。(2007年5月21日、月光音楽団での発言)
* 藤崎奈々子、山口もえ、眞鍋かをり、小倉優子に続く「天然ボケキャラ」と呼ばれている一方で、井川遥、乙葉、吉岡美穂に続く「新・癒し系の女王」の呼び声も高い。また、番組のトークでは「うちは」や「めっちゃ」など普段から京言葉を多用する。
* 「ミスマガジン」出身ながら、「週刊少年マガジン」のグラビアに単独で登場したのは2005年が最初である。
* 新幹線で移動中にビールなどを飲む事が多い。一緒に飲んだことがある和田アキ子は、「安田は酒が強い」と発言している。
* かなりの沖縄好きで、自身のホームページにも、将来沖縄に住んでお菓子屋さんをしたいと掲載されている。
* 最近になって「私、マゾ。」という発言や体験談などからドMであることが発覚。
* 2006年11月19日、JRA京都競馬場でのトークショーゲストと当日のメインレース・マイルチャンピオンシップの表彰式プレゼンターとして来場。その時に優勝したダイワメジャー号のファンになる。その後、競馬に縁あって2007年年始からフジテレビ系東日本地域限定の競馬番組「うまなで~UMA to NADESHIKO~」に出演が決定した。
o 番組の企画で栗東トレーニングセンターで行なわれた2007年度皐月賞の共同記者会見に出席し、ドリームジャーニーを管理する池江泰寿調教師に対して代表質問を行なう。
o 25歳の誕生日当日はちょうど「うまなで~UMA to NADESHIKO~」の収録日だったが、番組内の「おさらいなでしこ」のコーナーで安田は罰ゲームを言い渡されてしまう。しかし実際には罰ゲームは行なわれず、番組からシークレットで誕生日ケーキを用意されていた。安田はスタッフの粋な計らいにいたく感激し、嬉し涙を流したままエンディングを迎えた。
o 2007年4月28日放送分で「6年前の4月28日に天皇賞(春)を見に来ていたマネージャーさんにスカウトされた」と発言。そのため、天皇賞(春)には特別な思い入れがあるという。
o MC3人娘の間では一番競馬にハマっているらしく、朝の1レースから馬券を購入している(曰く戦績はあまり芳しくない、とのこと)。ある時蛯名正義騎手を中心に馬券を購入した際に大きく儲けたことがあり、それ以来同騎手を注目している。(『BOMB』2007年5月号のうまなで3人娘インタビューより)
o 2007年5月26日放送分の日本ダービー予想では本命に大好きという牝馬のウオッカを抜擢。翌日番組収録を兼ねて東京競馬場に訪れていた安田は、ウオッカの勝利を目の当たりにして大泣きした、と翌日のサンケイスポーツ芸能面に大きく掲載された。
o 2007年6月23日放送分でうまなでさんから「抱きたい男の人は誰ですか?」と聞かれて、リアルに「ゆずの北川悠仁さん」と答えてしまい、後で事の重大さに気付いて照れまくっていた。
* 2007年7月8日俳優の柏原収史と破局が発覚した。原因は性格の不一致と、互いに仕事が充実したことで、次第に心のすれ違いが増えてきたためだったという。奇しくも、ウオッカの勝利を目の当たりにして大泣きした同時期に私生活でも涙を流していたと一部スポーツ紙が伝えていた。
* 現在、生存している日本人で天才だと思うのはTHE ALFEEの高見沢俊彦と発言(明石家さんチャンネルの企画より)。髪の毛の綺麗さが決め手らしい。
* トイレ好きを公言している(ダウンタウンDX)(ジャンクスポーツ)。お腹が痛くなるくらい我慢した方が気持ちが良いと発言し、浜田にドMと指摘された。

出演

情報・バラエティ

* ヒデヨシ(2002年10月 - 2003年9月、中部日本放送)
* デジ屋台(2003年4月 - 9月、TBS)
* おはよう朝日です(2003年4月 - 2004年3月、朝日放送) - トレンドリポーター
* 内村プロデュース(2000年4月 - 2005年9月、テレビ朝日)※実際に出演したのは2004年以後
* シブスタ S.B.S.T(2004年3月 - 2005年3月、テレビ東京)
* 激走!GT(2004年4月 - 2005年3月、テレビ東京)
* アッコにおまかせ!(2004年8月 - 、TBS) - 準レギュラー
* ハナタカ天狗(2005年4月 - 10月、TBS) - 準レギュラー
* ぶちぬき(2005年4月 - 2006年3月、テレビ東京)
* 月光音楽団(2005年4月 - 、TBS)
* クイズ!ヘキサゴンII(2005年11月 - 、フジテレビ) - 準レギュラー(不定期)
* うまなで~UMA to NADESHIKO~(2007年1月 - 、フジテレビ)
* 今田ハウジング(2007年5月 - 、日本テレビ) - 準レギュラー
* スーパー競馬(2007年9月 - 、フジテレビ)

テレビドラマ

* いちばん暗いのは夜明け前(2005年7月 - 9月、テレビ東京) - ナオコ 役
* 熟年離婚(2005年10月 - 12月、テレビ朝日) - 土田友紀 役
* 一週間の恋(2006年1月、TBS) - 斉藤愛 役
* ロケットボーイズ(2006年1月 - 3月、テレビ東京) - 立花彩子 役
* けものみち(2006年3月、テレビ朝日) - 小笠原愛 役
* 都立水商!(2006年3月、日本テレビ) - 丸山真由子 役
* CAとお呼びっ!(2006年7月 - 9月、日本テレビ) - 星菜々美 役
* 氷点(2006年11月、テレビ朝日) - 加納由美 役
* 女子アナ一直線!(2007年7月 - 9月、テレビ東京) - 中武由衣 役

TVその他

* 新3か月トピック英会話「出張!!ハートで感じる英語塾」(2007年10月 - 12月、NHK教育)

映画

* ルナハイツ(2005年12月24日) - 主演・大月まどり 役
* ザ・コテージ(2006年9月9日) - 主演・高村志保 役
* ルナハイツ2(2006年12月23日) - 主演・大月まどり 役
* 荒くれKNIGHT(2007年4月28日) - 三井雛子 役

CM

* JR東海 京の冬の旅(2001年12月 - 2002年2月)
* ラウンドラン(2002年10月 - 2003年3月)
* アイフル(2003年10月 - 2006年4月)
* サントリービール(2004年1月 - 12月)
* フォーサイド・ドット・コム For-side PLUS(2004年3月 - )
* アイフォー 筆王2005(2004年9月 - 2005年2月)
* 豊丸産業 美沙子のウキウキ冬休み(2005年4月 - )
* メガハウス ルービックキューブ(2005年7月 - )
* イーフロンディア 筆王2006(2005年9月 - )
* 結婚情報サービス ハピネス イメージガール(2006年5月)
* am/pm カラダにキブンにイイコトクラブ(2007年3月 -)
* 資生堂UNOデオドランドスプレー(2007年5月 -)

作品

シングルCD

* may be tomorrow(2003年11月、e-nice)

Video & DVD

* マーメイドの季節(2002年8月、ポニーキャニオン)
* ミスマガジン2002 Official VIDEO & DVD(2002年10月、TBS)
* Marvelous(2003年6月、ベガ・ファクトリー)
* fruit-chu(2003年9月、フォーサイド・ドット・コム)
* Se-女!(2003年11月、ジービー・ミュージアム)
* M.Y(2004年4月、h.m.p)
* Plain(2004年7月、ポニーキャニオン)
* Girlfriend(2004年9月、アクアハウス)
* mixture【Se-女!2】(2004年11月、フォーサイド・ドット・コム)
* MATERIAL GIRL【CMメイキング】(2004年11月、フォーサイド・ドット・コム)
* ビーチエンジェルズ安田美沙子 IN ゴールドコースト(2004年12月、バップ)
* idol complete RED(2005年1月、ジェネオンエンタテインメント)
* WEST-EAST(2005年2月、集英社)
* Feel(2005年3月、ラインコミュニケーション)
* Nature(2005年3月、ラインコミュニケーション)
* みちゃ!Summer Vacation(2005年5月、フォーサイド・ドット・コム)
* Honey Bee×2(2005年6月、フォーサイド・ドット・コム)
* HOOP!(2005年6月、フォーサイド・ドット・コム)
* Little Journey(2005年7月、東京美優)
* Micha・nnel -みちゃんねる-(2005年8月、学研)
* 楽園(2005年10月、リバプール)
* PREMIUM SELECTION 安田美沙子(2006年9月、ビデオメーカー)
* MISA's Kitchen(2006年9月、ビデオメーカー)
* Happiness(2006年11月、ラインコミュニケーションズ)
* プレミアDVD-BOX (2007年2月、ジーピーミュージアム)
* みちゃこと行く京都の旅 (2007年4月、ビーエムドットスリー)
* MISAKO'S BASIC(2007年7月、フォーサイド・ドット・コム)
* 4 Pieces BOX(2007年12月、ラインコミュニケーションズ)

その他

* 目覚まし時計 音声クロック(2003年11月、さくら堂)

書籍

* 安田美沙子初フォトエッセイ「ミサコキョウヘノボル」(2007年4月、ゴマブックス、ISBN 978-4-7771-0630-1)

写真集

* ミスマガジン2002 ガツンとビキニスペシャル(2002年10月、講談社)
* ソロ・ファースト写真集 みさこ(2003年7月、ぶんか社、ISBN 4-8211-2545-5)
* Le Soleil(2004年1月、竹書房、ISBN 4-8124-1504-7)
* ヤングサンデー特別編集 My Future(2004年4月、小学館、ISBN 4-09-372091-6)
* tiara(2004年6月、アクアハウス、ISBN 4-86046-082-0)
* mook写真集 ナマミサ(2004年7月、アスコム、ISBN 4-7762-0187-9)
* Memories(2004年9月、講談社、ISBN 4-06-307859-0)
* 【P】 -pyramid girls×weekly playboy-(2004年10月、集英社、ISBN 4-08-780399-6)
* サブラムック WILD FAIRY(2004年10月、小学館)
* aroma(2004年12月、学研、ISBN 4-05-402475-0)
* バンブームック 近距離恋愛(2005年3月、竹書房、ISBN 4-8124-2024-5)
* 微熱(2005年5月、音楽専科社、ISBN 4-87279-182-7)
* 別冊sabraムック 3COLORS(2005年6月、小学館)
* Loco Misa(2005年8月、小学館)
* まるごと☆みちゃ(2005年11月、学研、ISBN 4-05-603996-8)
* いっしょにいるよ(2006年3月、竹書房、ISBN 4-8124-2596-4)
* monochrome モノクローム(2006年7月、イースト・プレス、ISBN 4-87257-701-9)
* M(2006年11月、講談社、ISBN 4-06-307868-X)

外部リンク
*アーティストハウス・ピラミッド 安田美沙子公式ホームページ
*安田美沙子オフィシャルブログ「MICHAEL」
*プリンセスコレクション
*e-niceレーベル


(Wikipedia参照)

ランキングの応援よろしくお願いします☆

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する