FC2ブログ

☆豪華黄金!!グラビアビキニ特集☆若槻千夏&愛川ゆず季&相澤仁美&木口亜矢

さきがけアイドル通信アイドル画像やCM動画、YOUTUBE動画まで網羅!! AKB48,Perfume,佐々木希,ほしのあき,新垣結衣,しょこたん,北川景子,夏帆,優木まおみ,などなどあなたの知りたい情報全て教えます!!

ブログ内検索

特集記事

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

月別アーカイブ

最新コメント

ランキングサイト

人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング


芸能人人気ブログランキング

No1ブログランキング!(エンターテインメント/芸能人/アイドル)

ブログランキング

Blog Rank7

芸能・アイドル

PVランキング

相互リンク様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングの応援よろしくお願いします☆

☆豪華黄金!!グラビアビキニ特集☆若槻千夏&愛川ゆず季&相澤仁美&木口亜矢

若槻千夏×相澤仁美×愛川ゆず季×木口亜矢

☆若槻 千夏
(わかつき ちなつ、1984年5月28日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント。
本名、栗原 千春(くりはら ちはる)。プラチナムプロダクション所属。

☆木口 亜矢(きぐち あや、1985年10月11日 - )は神奈川県出身のグラビアアイドル、女性タレント。所属事務所はプラチナムプロダクション。血液型A型。天秤座。

☆愛川 ゆず季(あいかわ ゆずき、1983年5月16日 - )は、日本のグラビアアイドル、女性タレント。プラチナムプロダクション所属。
2003年、大きくパッチリとした瞳、バスト100cmの爆乳とクラシックバレエで鍛えたしなやかで柔軟な肉体を引っさげて水着グラビアデビューすると、途端に複数の男性誌で表紙や巻頭グラビアを飾る人気グラビアアイドルの1人となる。現在はグラビアと並行し、テレビのバラエティ番組やWeb生放送のレギュラー番組で活躍中。

☆相澤 仁美(あいざわ ひとみ、1982年8月22日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント。
東京都出身。プラチナムプロダクション所属。

若槻千夏×相澤仁美×愛川ゆず季×木口亜矢 画像




























若槻千夏×相澤仁美×愛川ゆず季×木口亜矢の画像をもっと見る


もっとアイドルの秘蔵写真を見たい方




若槻千夏×相澤仁美×愛川ゆず季×木口亜矢 動画
Sabra 34 - 若槻千夏 + 木口亜矢 + 愛川ゆず季 + 相澤仁美




☆相澤仁美☆
来歴

2004年、22歳の誕生日にスカウトされたのがきっかけで、OLから転身し芸能界を目指すことになった。

2005年、同じ事務所の愛川ゆず季、渋谷真由、清原みゆきと共にSUPER GTイメージガール「“P-ch!”(ピーチ)」に就任。

2005年、「プレミアの巣窟」のアシスタント、”プレミアンガールズ”に矢吹春奈、瀬戸早紀とともに抜擢され、 注目を集める。またこの頃からグラビアへの露出が急激に高まる。

2006年、第1回ミスエアギタージャパンコンテストで準ミスエアギタージャパンを獲得。日テレジェニック2006に選出。”P-ch!”のメンバーでもある愛川ゆず季とのユニット”オーパーツ”を組み、2006年7月に「秘密のボンバー」でCDデビュー。

2007年の東京ヤクルトスワローズ公認サポーターに選ばれる(公認マネージャー磯山さやかの後任)。

93cmのバスト(Iカップ)を武器に、グラビア、テレビバラエティを中心に活動中。

人物

* 自称「おっぱい番長」。
* 趣味・特技は水泳。
* 首の根元にほくろがある。
* 家族は両親のほか、上に兄が3人いる長女にして末娘。ムネが大きいのは、本人曰く「父の家系」らしい。
* 本人曰く「ドS」とのこと。ただし恋愛に関してはドMになってしまうらしく、彼氏は「ドS」が良いとの事。
* かなりおっとりした性格のマイペース人間。道を歩いていると何でもないところでよく転び、スタッフや友達に注意されるという。しかし、自分の考えにそぐわないときはテコでも動かないような根は頑固なところがある。

エピソード

* 「軟乳」と呼ばれる程、柔らかさを感じさせる胸に関しては、様々な逸話がある。胸の柔らかさ故にグラビア撮影では5回に1回はポロリ(主に左胸)してしまう。
* デビュー前、ウェイトレスのバイトをやっていた時に、お客の1人に後ろから触られた。
* 『踊る!さんま御殿!!』に初出演した際、司会の明石家さんまが「何カップなんですか?」と聞いたとき、「愛がいっぱい詰まったIカップです」とフレーズ付きで答えたため、ふかわりょうに「準備しすぎですよ!」とツッこまれた。
* 『草野キッド』(テレビ朝日)の「クイズ!クサノベヤ」(2006年11月8日放送)で、「アルファベットの『N』が表す方角は?」との質問に「南極のN!」と答えるお茶目ぶりを見せた。
* 普通自動車運転免許の取得を目指した頃、仮免許試験の前の効果測定に26回連続で落ちた(その後の経過は不明)。
* 放送コードの無いネットラジオでは、どんなネタでもついていくチャレンジ精神の持ち主。
* 『くりぃむナントカ』では「告知済み寝起き」で、寝ているはずなのにグラビアポーズなどを連発するような活躍を見せ見事に準レギュラーに。
* 「クイズ!ヘキサゴンII」初出演(2007年6月27日放送分)の際の予選ペーパーテストで予選17位となり、既に番組内でおバカキャラとして認識されていた事務所の後輩・木下優樹菜(予選16位)に負ける。PKクイズは自分で「頭良いですよ」と言いつつ「ギリシャ」を「ギリーシャ」と書いて不正解になるなど全くチームの力になれなかったが、早抜けリレークイズのアンカーで再出題された問題を一発回答しチームの優勝に貢献した。
* 2007年5月11日放送の「Goro's Bar」と2007年8月12日放送の「中井正広のブラックバラエティ」ではレモンと玉ねぎを早食いする前代未聞の特技を披露して共演者を驚かせた。
* 2007年より東京ヤクルトスワローズ公認サポーターを務めているが、「好きなヤクルトの選手は?」と聞かれて「セス様」と答えている。
* 2007年の日本テレビ系「24時間テレビ」(日本テレビ)で深夜に放送された「スーパージョッキー」のお色気コーナー「熱湯コマーシャル」の復活企画で、水着生着替えと入湯に挑戦した。着替えのシーンではハプニングを予感させられたが、時間内に終えることができた。

出演

テレビ

* アイドル道(2004年10月 - 2005年3月、フジ721&739)
* 密着!相澤仁美(2005年3月、CSエンタ!371)
* メレンゲの気持ち(2005年3月、日本テレビ)
* プレミアの巣窟(レギュラー)(2005年4月 - 9月、フジテレビ)
* 森田一義アワー笑っていいとも!(2005年8月、フジテレビ)
* うちあげ(2005年12月、中部日本放送)
* 美女-H(2006年1月、テレビ東京)
* 天使らんまん(2006年1月、毎日放送)
* クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(2006年3月、5月、テレビ朝日)
* くりぃむナントカ(2006年3月、テレビ朝日)
* 北野タレント名鑑(2006年3月、フジテレビ)
* ドスペ2・心でする恋愛バラエティ ブサテク(2006年3月、フジテレビ)
* ぷるぷる日テレジェニック学園(レギュラー)(2006年4月 - 、CS日本)
* あきと由佳のIdol Park(2006年7月、CSエンタ!371)
* GiRLS LoVER(2006年7月、テレビ東京)
* くるくるドカン~新しい波を探して~(2006年7月、フジテレビ)
* 最強メダル伝説(準レギュラー)(2006年7月 - 、サンテレビ)
* ゲームコングV世(2006年8月、朝日放送)
* 脳内活性!クイズファクトリー(2006年9月、関西テレビ)
* パオパオ・アイドルGAMEバトル(2006年9月、BS日テレ)
* 音流~On Ryu~(2006年9月、テレビ東京)
* ぶっコギ!(2006年10月、日本テレビ)
* 草野☆キッド(2006年11月、テレビ朝日)
* ノブナガ(レギュラー)(2006年11月 - 、中部日本放送)
* みみヨリぃ!?(レギュラー)(2007年1月 - 、テレビ大阪)
* ラジかるッ(レギュラー、金曜日担当)(2007年10月 - 、日本テレビ)- 2007年9月までは、事務所の先輩・東原亜希の代理出演
* すくいず!・電脳ヒルズ/いきなりプレゼント(2007年6月、テレビ朝日)
* 24時間テレビ (2007年8月、日本テレビ)

ドラマ

* 探偵ブギ 第7話(2006年1月 - 3月、東京MXテレビ)

ラジオ

* ゴチャ・まぜっ!金スペ(2006年5月、MBSラジオ)
* 東貴博 ニッポン全国 ラジベガス(2006年8月、ニッポン放送)
* ゴチャ・まぜっ!火曜日(2006年10月11日から2007年10月18日は3週間に1回、2007年10月9日からレギュラー、MBSラジオ)

インターネット番組

* 相澤仁美のHじゃダメ?(レギュラー)(2006年3月 - 5月、GyaO)
* 野田義治のセクシーマガジン #23(2006年4月、GyaO)
* 新宿区カメコ町三丁目 華園マンション #31 - 34、38(2006年7月、GyaO)
* 地球をつくろう!【仁美&亜矢のベトナムプライベート旅行ビデオ】(2006年7月、第2日本テレビ)
* おしゃべりやってまーす火曜日(レギュラー)(2006年6月 - 、K'z Station)
* She 相澤仁美 Vol.1/Vol.2(ドーガ堂)

映画

* 幽霊よりも怖い話Vol.4 第一話 207号室の客(2005年11月) - 主演
* ドリフト・ドリフト2(2006年、トルネード・フィルム)

ゲーム

* 龍が如く(2005年12月、セガ) - 声、ヒロミ 役

CM・イメージキャラクター

* リオdeカーニバル イメージキャラクター(2005年)
* SUPER GTイメージガール「P-ch!(ピーチ)」(2005年)
* 日テレジェニック(2006年)
* サントリー「ビンゴ☆ボンゴ」『グラビア篇』(2007年4月20日 - )
* 東京ヤクルトスワローズ公認サポーター つばめっ娘クラブ 
* MEGAHOUSE CORPPRATION「AIR MUSICIAN Ver.ギタリスト」CMキャラクター(2007年9月 - )

作品

イメージビデオ

* 瞳の中 (2005年5月、リバプール)
* h(エッチ) (2005年8月、竹書房)
* Best of you (2005年11月、ジャパンホームビデオ)
* 瞳を見つめて!! (2006年1月、リバプール)
* I澤☆仁-フタリ- (2006年2月、ラインコミュニケーションズ)
* I澤☆美-キレイ- (2006年2月、ラインコミュニケーションズ)
* Hitomi Crisis! (2006年5月、竹書房)
* 日テレジェニック2006 CAUTION!(警告)(2006年7月、vap)
* miss you (2006年10月、フォーサイド・ドット・コム)
* 日テレジェニックMEMORIES~メモワール(2007年1月、vap)
* 青春ダイナミック (2007年8月、イーネットフロンティア)
* naive (2007年11月、フォーサイド・ドット・コム)

DVD

* 幽霊より怖い話 VOL.4(2005年11月、ポニーキャニオン)
* エアギターバイブル 疾風伝説エアギターハイスクール~女子校篇~(2006年6月、ビクターエンタティメント)
* 探偵ブギ DVD-BOX(2006年7月、フォーサイド・ドット・コム)

CD

* 秘密のボンバー(ユニット・オーパーツ、2006年7月、Girl's Record)
* Very Mery X'mas 2006(ユニット・4YOU、2006年12月6日、Girl's Record)

書籍

写真集

* I am I (2005年4月、アスコム) ISBN 4776202409
* Crisis! (2006年2月、竹書房) ISBN 4812425824
* Hitomi's eye (2006年6月、彩文館出版)ISBN 4775601334
* ユルユル (2007年1月24日、アスコム) ISBN 4776203790
* 月刊相澤仁美 (2007年9月14日、新潮社) ISBN 4107901785

カレンダー

* 2006年度版カレンダー(2005年、TRY-X)
* 2007年度版カレンダー(2006年、TRY-X)

トレーディングカード

* Open your eyes(2006年10月、さくら堂)

脚注

1. ^ 「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)出演時に発言
2. ^ 2007年6月7日放送『ダウンタウンDX』(日本テレビ)出演時に発言

外部リンク

*プラチナムプロダクション 相澤仁美プロフィール
*ポワワンdiary 相澤仁美オフィシャルブログ
*ぴ写っ! プラチナム オフィシャル携帯サイト

外部リンク

  *アイドル通信内相澤仁美カテゴリ



☆愛川ゆず季☆
略歴

1983年5月16日、愛媛県新居浜市に生まれる。

2002年、海外留学を目標として東京の外国語学校に進学するために上京。その卒業間際に渋谷109でスカウトされ芸能界入り。スカウトされた時に出された名刺の所属タレント名に若槻千夏の名前を見たことが、芸能界入りを決心させた。翌年男性雑誌の水着グラビアでデビュー。

2005年、同じ事務所の相澤仁美、渋谷真由、清原みゆきと共にSUPER GTイメージガール「P-ch!(ピーチ)」に選出。浜田翔子、西田奈津美、吉田智美と共に日テレジェニック2005に選出。

2006年、P-ch!のメンバーで同じ事務所の相澤仁美と「オーパーツ」というユニットを組み、CDデビュー。

2007年、YOU THE ROCK★と共にサイバーエージェントのアメーバブログWeb生放送「Ameba番長」のレギュラーアシスタントMCを務める。

人物

* 1度やると決めたことは意地でもやり遂げる根性の持ち主の反面、コレと決めたらテコでも動かない頑固なところがある。その一方で涙脆く、感動することがあるとすぐに泣く。
* ナルシストで「自分大好き人間」ある事を公言しており、メイド、猫、ナースなどコスプレ衣装を自前で何着も持っている。また自身の全体写真がプリントされた等身大抱き枕で寝ている。男性の好きなタイプは「ゆず季だけを見てくれる人。浮気は絶対に許さない」「ごはんをモリモリ食べる人」とのこと。Ameba番長の占いコーナーでは必ずと言ってよいほど「自己顕示欲の強さ」を指摘され、当人もそれを否定しない。普段のファッションも華やかで柔らかい感じのファッションを好み、下もパンツを履かずスカートである事が多い。
* 将来の目標は女優。柴咲コウや奥菜恵が好き。
* 趣味はショッピング、ゲーム。特にゲーム好きで、過去には桃太郎電鉄シリーズのやり込みプレイやどうぶつの森にはまっていた。また恋愛映画が好きで、日本や韓国の純愛ものをよく見る。番組での自宅公開によると漫画もよく読んでいる。
* 特技はクラシック・バレエ、テコンドー、バレーボール、水泳。特にクラシック・バレエは海外公演に参加したことがあるほどの腕前。また体の柔らかさを生かすためにテコンドーを習う。おっとりとした見かけによらず運動神経は非常に良い。
* 自らキャッチコピーを「夜のおともに愛川ゆず季」と付けた。
* 好きな食べ物はチーズ。嫌いな食べ物は辛いもの全般。独特の苦味があるコーヒーが飲めなかったが、2006年頃から克服し飲める様になった。 
* ワンデーのコンタクトを愛用。
* 弟がいる。

エピソード

* ファンにつけてもらった愛称「ゆずぽん」を気に入り、これを自らも愛称として公表している。これに起因してミツカン酢「ゆずぽん」のCMに出るのが夢。所属事務所の先輩である若槻千夏には「ゆずきんぐ」と呼ばれている。また、自らのチャームポイントをファンから指摘され、自分でも気に入っていた「顎のライン」としている。
* クラシック・バレエを続けていたときには、現在のような豊満なバストではなく、どちらかというと貧乳だった。しかし高校に入学しバレエを止めたことで一気に20キロ近く太ってしまい、「さすがにこれはマズイ」とダイエットを決意。再びバレエとテコンドー等を始めてダイエットには成功したが胸だけが痩せず、現在の豊満なバストを手に入れた。しかし、芸能界で仕事をするまで胸の大きさがコンプレックスになっていた、と後に告白している。クラシック・バレエの時は「テーピングで下までグルグル巻いて押さえつけてたのがつらかった」という。
* 週刊ヤングジャンプにおいてグラビア共演した石井めぐるとともに『ゆずめぐ』という誌面限定ユニットを結成後、仕事で一緒になるグラビアアイドルと私的にユニットを組むことがある。BS-i「アイドル芸能社」で一緒だった佐野夏芽とは「なつゆず」、浜田翔子とは「ゆずこしょう」を名乗る。皆、プライベートでも仲がよい友人である。また事務所の半年後輩(しかし1つ年上)にあたる相澤仁美とは『P-ch!』や『オーパーツ』に限らず一緒に活動する事が多く、共演の様子がよくブログに出てくる。
* 自称”晴れ女”であり、普段から折り畳み傘など雨具を持ち歩く習慣が無いため、雨に降られるたびにビニール傘を買ってしまい、自宅にはフトンたたきの代わりにしているほどたくさんのビニール傘がある。
* ネット上で話題になるPカップグラビアアイドルの風子を2006年11月21日放送回「なるトモ!」で風子の名前は挙げなかったが「この前、Pカップの子と仕事をしたんですよ。これから、どんどん出てくると思いますよ!」と紹介。すると風子のブログのアクセス数が上り、風子がメディアに出てくる為の話題つくりに一役かった。
* Qさまの潜水企画において日本代表入りをかけてトライし、潜水距離68mという日本女子トップレベルのパフォーマンスを見せるも酸欠により失格となる。後に自身のブログで「一瞬意識がとんだ。」と語っている。また、同番組の別企画芸能界シンクロ選手権SPで相澤仁美と共に見事な演技を見せている。
* TV番組の中で霊能を持つ人に、嫌なのに断れないという意思の弱さを指摘され、それを聞いたゆず季本人も納得していた。またこの霊能者いわく、優柔不断が災いし、生きている男からも好かれやすいが、死んでしまって霊になった男からも好かれてしまうとも言われていた。

出演

テレビ

* アイドル芸能社(BS-i、2005年4月~2006年1月)- アイドル芸能社社長
* 日テレジェニックの宝箱(SKY PerfecTV!110、Ch143→291パンチクラブ、2005年3月~)
* ポイチョ!(瀬戸内海放送、2006年1月~)
* 最強メダル伝説・第3章(サンテレビ、2006年7月~)
* パオパオ アソビ★クリエイターズ(BS日テレ、2006年 -)
* WakiWaki体操(GyaO、2006年11月~)
* ドラマ「占い師 天尽」(CBC/goo配信、2006年1月)第1話ゲスト
* ドラマ「山おんな壁おんな(フジテレビ、2007年7月12日)第2話ゲスト

映画

* 幽霊より怖い話「女優ストーカー篇」(2005年5月、DVDレンタル作品、監督:坂牧良太、配給:PAL企画)
* スクールデイズ(2005年、劇場公開作品、監督:守屋健太郎、配給:ファントムフィルム)- 元アイドルの女優・緑川優役。
* 日掛け金融地獄伝 こまねずみ常次朗、日掛け金融地獄伝 こまねずみ常次郎 悪徳金融死すべし(2006年、劇場公開作品、監督:鈴木浩介、配給:アートポート) - ヒロイン・浅野捺子(なつこ)役
* キャバギョ!(2007年、DVD公開作品、監督・脚本:村上大樹、配給:avex) - 美優役。
* バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(2007年、劇場公開作品、監督:馬場康夫、配給:東宝) - レミ役。

ラジオ

* Ameba番長(Webラジオ、2007年2月~ )- レギュラーアシスタントMC

インターネット

* She 愛川ゆず季(ドーガ堂)
* She 愛川ゆず季 Vol.2(ドーガ堂)

舞台

* ロリータ男爵×愛川ゆず季「なんてったってアニマル」(作・演出:田辺茂範、2006年12月16日~12月21日、全7公演) - ヒロイン・ゆずポン役、劇中の映像イラストも担当
* ケンコー全裸系水泳部 ウミショー - 静岡みれい役

CM キャンペーン

* 結婚情報サービス「メグリアイ」イメージガール
* 「P-ch!(ピーチ)」2005年SUPER GTイメージガール (他メンバーは、相澤仁美、渋谷真由、清原みゆき)
* 日テレジェニック2005 (他メンバーは、浜田翔子、西田奈津美、吉田智美)

ゲーム

* 龍が如く(声:ゆず、2005年12月8日、セガ)

アイテム

出版作品

写真集 / ムック本

* CITRON(2004年、加納典譲:撮影、竹書房)
* Miss.Girl(2004年、河野英喜:撮影、ワニマガジン社)
* ゆず季のカ彼レ視シ。(2005年、松田忠雄:撮影、アスコム)
* 花ゆず季(2005年、西条彰仁:撮影、学研) - 地元の愛媛県がロケ地。
* ゆずcm ~ 恋が始まる至近距離(2006年、矢西誠二:撮影、彩文館出版)

トレーディングカード

* LOVE LOVE Citrus(2005年、さくら堂)
* BOMB CARD LIMITED 4000 愛川ゆず季(2005年、ムービック)
* BOMB CARD LIMITED 3000 愛川ゆず季2(2006年、ムービック)

カレンダー

* 2005年度版カレンダー(2004年、TRY-X)
* 2006年度版カレンダー(2005年、TRY-X)
* 2007年度版カレンダー(2006年、TRY-X)

映像作品

* CITRON(2004年、竹書房)
* 山岸伸デジタル写真集?愛川ゆず季(2004年、ソフトバンクパブリッシング)
* 微熱(2004年、リバプール)
* 微笑(2005年、リバプール)
* HANAYUZUKI(2005年、ムービック) - 地元の愛媛県がロケ地。
* 日テレジェニック2005 愛川ゆず季(2005年、バップ)
* 日テレジェニックの宝箱 愛川ゆず季(2005年、バップ)
* ゆずポン☆LOVE RIVER(2006年、ラインコミュニケーションズ)
* ゆず・にゃん?!(2006年、ラインコミュニケーションズ)
* ゆず恋(2006年、学研)
* YUZU DIARY(2006年、フォーサイド・ドット・コム)
* 太陽がイッパイ!(2007年、イーネットフロンティア)

CD

* 秘密のボンバー(ユニット・オーパーツとして 2006年、Girl's Record)
o カップリング:「海へいこう!」
o PV、メイキングDVD付き。
* Very Merry X'mas 2006(ユニット・4YOUとして 2006年、Girl's Record)
o カップリング:「kiss and hug」
o PV、メイキングDVD付き。

その他のアイテム

* 愛川ゆず季ネックストラップ(2005年、通販商品)
* 愛川ゆず季等身大ハグクッション(2005年、TRY-X)

外部リンク

*プラチナムプロダクション・愛川ゆず季プロフィール
*ぴ写っ!プラチナム -公式携帯サイト
*NTTgoo自動車&バイク-無料壁紙・スクリーンセーバー
*オフィシャルブログ
*Ameba番長 - レギュラー出演中のWeb番組

外部リンク

  *アイドル通信内愛川ゆず季カテゴリ



☆木口亜矢☆
人物・来歴

* 趣味・特技はスポーツジム(通い)、習字、マラソン、エビ反り。乗馬ライセンス5級を持っている。
* 大きな目と小柄な体にメリハリの利いたボディーラインが最大の特徴。所属事務所であるプラチナムプロダクションが「ポスト若槻千夏」として売り出しているタレントの1人である。
* DVDあやんちゅ内の柔軟体操にて、柔らかそうに見えて実は身体が硬い(前方向)事が判明した。
* 同DVDの罰ゲーム付クイズにてくすぐりが弱点であることが判明。特に脇の下は絶対嫌という発言をしながらクイズになんとか正解し、見事罰ゲームを回避した。二番目は足の裏で、こちらは両足の裏をくすぐり始めたブラシを必死で払いながら仰け反っていた。(グラビアでは足の裏ショットが多い彼女ではあるが)
* 同じ事務所の丸居沙矢香とは、中学校が同じで仲が良い。
* 2006年にSUPER GTイメージガール「4☆TUNE」(フォーチューン)のメンバーに選出。
* 2006年にプレミアの巣窟「プレミアンガールズ」に抜擢。司会・天野ひろゆきも認める天然ボケと、同じくメンバーだった堀田ゆい夏との掛け合いで人気を呼ぶ。
* 2007年に山形県内にあるZESTグループの新イメージガールに就任。
* 日テレジェニック2007に選出。

出演

テレビ

* 日テレジェニック美女² (日テレプラス&サイエンス)
* 今夜はプネプネ(2001年、日本テレビ) - ミス・ハイスクール・コンテスト出場
* Harajukuロンチャーズ( - 2003年、BS朝日)
* ものすぽると!(2005年 - 、フジテレビ.ディノス)
* 音ぱつ(2005年10月 - 2005年12月、テレビ東京)
* プレミアの巣窟(2006年4月 - 2006年9月、フジテレビ)
* マイ★ボス マイ★ヒーロー(2006年、日本テレビ) - ホステス 役
* グラドル女学園(2006年、BSフジ)
* パオパオ アソビ★クリエイターズ(2007年、BS日テレ)
* P-1ゴールドラッシュ(2007年5月 -、テレビ大阪)
* BOYSエステ(2007年、テレビ東京) - 高梨さくら役

映画

* 妄想少女オタク系(2007年) - 松井曜子役

ラジオ

* おしゃべりやってまーす(2005年 - 2006年、K'z Station)
* 懸賞伝説(2007年10月~ 文化放送)

CM

* KDDI
* 任天堂64・「マリオパーティ」(2000年11月)
* 任天堂64・「メイド イン ワリオ」(2003年5月)
* プレイステーション・「みんなのGOLF」(2001年11月)
* マクドナルド・「アトランティス」
* ZESTグループ(山形県内のパチンコ店)

リリース作品

写真集

* Temptation 二人だけの秘密(2006年3月、ぶんか社、撮影:前村竜二) ISBN 4-8211-2678-8
* 恋文 love letter(2007年2月、晋遊舎、撮影:西條彰仁) ISBN 4-8838-0593-X

DVD

* 私、木口亜矢です(2005年11月、ラインコミュニケーションズ)
* Strike!!!(2006年2月、ぶんか社)
* 極上アイドル!! 木口亜矢(2006年6月、イーネット・フロンティア)
* あやんちゅ(2006年12月、ジャパンホームビデオ)
* 魅せられて…あやカーブ(2007年8月、バップ)

オムニバス

* 有野企画 vol.1(2006年11月、リバプール、相澤仁美との共作)

CDシングル

* あやのはじめての×× (2007年6月13日)

1. はじめてのチュウ
2. Progress

* あやてぃ☆トランス~あやカーブ注意報~ (2007年9月12日)

1. DIAMONDS
2. Peach

外部リンク

*PLATINUM PRODUCTION
*プラチナムプロダクション 木口亜矢
*Yahoo! JAPAN 木口亜矢
*ぴ写っ!プラチナム -公式携帯サイト

内部リンク

  *アイドル通信内木口亜矢カテゴリ



☆若槻千夏☆
年譜
1984年
* 5月28日、埼玉県比企郡吉見町に生まれる。子供の頃はなかなか背が伸びず、小学校6年生で130cmしかない小さな女の子だったという。小学校にお菓子持っていって食べてたり、他のクラスに紛れてプールで泳いでたり、通知表には「クラスで一番活発な女の子です。でも授業中まで延長しすぎ」と書かれたいわゆるお転婆娘だった。

2001年

* 17歳の時に友人と渋谷109に遊びに来ていたところを現所属事務所からスカウトされる。
* 成人雑誌の水着グラビアでデビュー。デビュー当初は本名で活動し雑誌グラビアやテレビ朝日内のサイト『WEBアイドル図鑑』を中心に活躍。間もなく現在の芸名に改名。
* 11月よりTBS『キャイーン式(スタイル)』の番組内企画「ヒデキ(ウド鈴木)の妹オーディション」にセクシー部門代表として地上波初出演。オーディション合格者で結成された期間限定ユニット「いもこん」のメンバー(五女)として活躍。

2002年

* ミスマガジン2002にエントリーしセミファイナルまで進出。ファン投票4位になりファイナリスト選出が確実視されていたが、同じ事務所の伊織・星野加奈・高杉さとみとともに全日本GT選手権(JGTC)イメージガール「wi☆th」のメンバーに抜擢されたことや、講談社『週刊ヤングマガジン』のライバル誌である集英社『週刊ヤングジャンプ』とのグラビア専属契約が締結された為、これを断念。
* 9月、「wi☆th」名義でavex traxからCDデビューを飾っている。

2003年

* 年頭から本格的にグラビアからテレビ、ラジオ業界への進出を開始。当時はまだ深夜枠放送だったフジテレビ『トリビアの泉』、『クイズ!ヘキサゴン』、テレビ朝日『銭形金太郎』などバラエティ番組を中心に出演。
* 10月、日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演。明石家さんまと初共演するも殆ど喋れず悔しい思いをしたことが後にバラエティタレントとしての稀有な才能を開花させることになる。
* 11月よりフジテレビ『LIVE2003すぽると!&ニュース』のレギュラーリポーターとして仲根かすみとともに抜擢、翌年9月末まで出演。

2004年

* 3月公開の映画『呪霊 THE MOVIE ~黒呪霊~』にて初出演・初主演でスクリーンデビュー。
* 4月、テレビ東京『中山道』の出演をきっかけに中山秀征に気に入られ、以後共演番組が増える(「チナッティー」の愛称はこの当時につけられたもの)
* 5月、フジテレビ『ディヴィジョン1 STAGE2・ランナーズハイ』にて民放ドラマ初出演。
* 9月、熱中症と急性胃腸炎を併発し緊急入院し1週間後に退院。
* 10月、主演映画2作目『想色~オモイ・ノ・イロ~』公開。公開初日にテレビ放送されたフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の特番「国立め茶の水女子大学付属高等学校 第1回抜き打ち中間テスト」出演時のとある発言(後述)により、バラエティタレントとして一般知名度を一気に上げた(放送内容は抜き打ちテスト (めちゃ×2イケてるッ!)を参照)。

2005年

* 年頭よりフジテレビ系の競馬バラエティ番組『うまッチ!』にて民放地上波番組の初メイン司会に抜擢される。
* 4月より『スーパー競馬』メインキャスター。他にも日本テレビ系『メレンゲの気持ち』等レギュラー番組が一気に増える。
* ヘアーカラーリング・アワード2005タレント部門、第1回Best Jerseist女性部門受賞。

2006年

* 11月6日、「神経性胃炎および 潰瘍性大腸炎」で体調を崩した事から、全てのレギュラー番組出演と年末年始の番組収録をキャンセルし、2か月間の療養に入る。若槻が出る予定だった所は事務所の後輩の岩佐真悠子や東原亜希がいくつか代役に回っていた。
* 12月23日、深夜放送の『うまッチ!』より復帰したが、病気の再発を防ぐため『うまッチ!』、『スーパー競馬』などのレギュラー番組は降板。

2007年

* 1月18日にブログ「マーボー豆腐は飲み物です。」を開始。
* 7月3日放送の『踊る!さんま御殿!!』で、「家では常に裸」、「そのために一人暮らしをしたかった」と発言。
* 7月5日放送の『ダウンタウンDX』で、「中国針など、無謀なチャレンジを7回もした」と発言。
* 8月10日放送の『なつめぐ堂』で、友人の結婚式に呼ばれ、ご祝儀袋の表に自分の名前を書かなければいけないが、「渡す人の名前を書くのかと思ってその新婦(=友人)の名前を書いてしまった」と発言。

人物

家族構成

* 電車の運転士だった父母、五歳上の兄、ネコ(レモン&トマト)2匹、イヌ(ハチ)1匹。
* 現在は埼玉の実家から出て都心で一人暮らし。
* デビュー当時の夢が「自分の稼いだお金で家族旅行をすること」と語っていた。
* 自身のブログには五歳上の兄との仲の良さまでが感じられる部分がある。

芸名

* 芸名である「若槻千夏」の「若槻」は、満州事変の時の総理大臣である若槻禮次郎から取り、「千夏」は、若槻にあう字画数からつけたという。姓名占いを元に命名した以外は特別な意味は無く、自身は若槻総理が何をした人か等は全く知らないらしい。

愛称

* 若手芸能人からは「ちぃ、ちぃちゃん、ちっち」
* 中堅クラスの芸能人からは「ちなっちゃん」
* 大物芸能人からは「若槻!」
* 中山秀征等からは「チナッティー」

趣味、趣向

好きな食べ物

* 焼肉、シュークリーム、納豆巻き、お子様ランチ、ファーストフードなどのジャンクフード、ケンタッキーフライドチキンの皮。
* 大のパン好きでもある。(「TOKYO一週間」より)


嫌いな食べ物

* 小さい時にバナナを食べて気持ちが悪くなったことがトラウマになって食べられなくなったという。だが芸能界入りしてからバナナジュースは飲めるようになった。またクレープやパフェなど生クリームが多い食べ物も苦手らしい。

好きな歌手

* 中島美嘉

『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に中島が出演した際、「芸能界一中島美嘉好きなタレント」としてゲスト出演。中島が、今までリリースしたCDを全て持っていると公言し、ダウンタウンの松本人志におちょくられながらも、中島とのツーショット写真をとってもらい、中島とメールアドレスや電話番号を交換した。

しかし中島は、次に出演した際に「わたしからはメールするんですけど、あっちからは来ない事の方が多いんですけど」と発言。そして若槻からのビデオメールが流れ「中島さんとの共通の話題を考えてみたら、ねーな、と(笑)。わたしにとっては中島さんは神様のような存在なので、中島さんからの連絡を待とうと思います」的な答えで中島は納得していたもようである。

* 徳永英明

母親の影響で自身もファンになったと語っており、赤坂泰彦のサタデーリクエストバトル、堂本剛の正直しんどい、うたばんで徳永と共演を果たした際には、『壊れかけのradio』のサビ部分を本人の前で歌い徳永本人から歌のうまさを褒められている。

* 森山直太朗

森山本人がDJを務める『OH! MY RADIO』にゲスト出演した際、リクエストを求められるとアルバム収録曲の名を挙げて森山を驚かせた。

* モーニング娘。

芸能界に憧れていた母親の影響から自身も早くから芸能界に興味を抱いており、モーニング娘。(特に後藤真希)のファンだった。スカウトされた時は自分よりも母親のほうが喜んだという。しかし本人は所属事務所の人間に詳しい話を聞くまで「芸能界」を「『芸能会』という名前の1つの会社」と思い込んでいたらしく、「デビューすればモーニング娘。に入れると思っていた」と後にいくつかのトークバラエティで語っている。もし芸能界デビューしていなかったら地元の製缶工場に就職する予定だったと『新堂本兄弟』の中で告白している。

漫画

* 矢沢あい作品は全て好きで『NANA』はブレイクする前からの大ファンであり自身のバイブルと様々なインタビューで答えている。

* 音楽系雑誌『ザッピィ』の連載でファンから寄せられた情報がきっかけになって男性向け漫画も読むようになり、『ONE PIECE』、『DEATH NOTE』『LIAR GAME』などは特にハマったという。

* 魁!!クロマティ高校、課長バカ一代(共に野中英次作)などのナンセンスギャグ漫画も好む。

アニメ

* 兄の影響からか漫画だけでなくアニメにも理解があり、特番『芸能人アニメ通が集結!徹底調査!!好きなアニメランキングベスト100』で美少女キャラアニメの『魔法先生ネギま!』に投票した。

好きな動物

* 子供の頃はよく捨て猫を拾ってきて親を困らせたらしい。現在実家で飼われている猫達も若槻自身が拾ってきたものだという。
* 体の大きい動物は苦手のようで、競馬の仕事を始めてから競走馬に直接携わることも多くなったが、怖がっておっかなびっくりだった。しかし『うまッチ!』番組内でも応援していた後の7冠馬ディープインパクトを激励に訪れた際に、大人しく鼻面を触らせてくれたことで大好きになったようである。

競馬

* デビュー当初は、のめり込んじゃいそうだから「ギャンブルは嫌い」と発言していたが、2005年より本格的に競馬の仕事に携わるようになる。
* 20歳の誕生日直後に行われた第71回日本ダービーに番組ゲストで呼ばれた際、ビギナーズラックで馬券を当てたことが競馬にのめり込むきっかけとなったという。
* メインの重賞レースで有り金をスッてしまい、関係者にお金を借りてまで最終レースにつぎ込んだ逸話もテレビ番組内で関係者証言が流された。
* 競馬番組から離れた今でも競馬の事は気になるようで、趣味として馬券を買いに行った事などが公式ブログで公開されている。
* ただし他のギャンブルに手を出しているわけではないので、あくまで競馬ファンだと語る。
* 本人曰く「競馬は、社会的地位とか頭の良さとか関係なく、勝った者が1番偉くなれる」

その他の趣味

* 映画のDVD、フィギュア、小物、帽子の収集。
* 中学生の頃はハローキティーが大好きで、実家の部屋はグッズで埋め尽くされている

特技

料理

* 2006年正月の特番『堂本剛の朝までしんどい』では、自ら差し入れで作ってきた特製エビチリソースを出演者に振舞ったところ、その味を全員に絶賛された。
* 2006年の明石家電視台in韓国・済州島で村上ショージとチャーハン対決を行った際も、明石家さんまから高評価を受け対決に勝利。
* たこ焼き作りも得意であるらしくさんまのまんまに出演した時は自前のたこ焼き作りセットを持ち込み、明石家さんまに振舞ったことがある。
* キャベツの千切りを得意としており、これはアルバイト先の採用に受かるためにキャベツの千切りを特訓したことによる。いくつかのバラエティ番組でもその技を披露しているが、『世界まる見え!テレビ特捜部』で披露した時には指を切ってしまったこともある。
* 一度だけ出演した愛のエプロン3で下エプ評価を受けるも、料理の鉄人に鉄人として出演していた中華の陳建一から「料理が上手くなる素質はある」とコメントされている。

掃除

* 2007年5月16日放送の『今田ハウジング』で自宅をVTR公開した時も、若い女子に似合わずあまりに簡素で殺風景なので他の出演者から驚かれている。1日1回は必ず掃除し、トイレは使っても使わなくても毎朝夜必ず掃除するという。
* 自宅のトイレを汚したくないあまり、自分はおろか来客者達にも使用させないという。

裁縫

* 親にミシンをプレゼントされてからは古着のリメイクを好んで行っている。雑誌の連載でもその腕前を披露したことがあり、私服として着用することも多い。

その他の特技

* ピアノ、携帯メールの早打ち、テンキーパッドの早押し、アイロン掛け、携帯電話のデコレーション。

特技に関する秘密

* 小学4年生頃に母親が突然家事を放棄してしまったため、生きていく為に自分でなんでもやるようになったからだという。ウチくる!?に出演した際、若槻の母親が登場してその証言が正しいことを自ら認めている。

交遊録

* 所属事務所が年1回行っている夏の日帰り旅行の時、後輩たちの為に自腹で大量の差し入れを持って現れたりするエピソードが後輩タレントの口から語られている。

* お互いに親友と認識しているのは安田美沙子、ウエンツ瑛士、MEGUMI、KABA.ちゃん、東原亜希ほか数人だけだという。また自身を「姉さん」と慕う年下の大沢あかねを可愛がっている表現が公式ブログなどで多数見受けられる。ただ、芸歴は大沢の方が長く、若槻は「先輩後輩」と言っている。

* 熊田曜子、安田美沙子と共に出演した『アメトーク』にて、グラビアアイドルの私的交流会・通称「グラビア会」の存在を明かしている。これは1999年から2001年頃にデビューしたグラビアアイドルが月1程度で集まって情報交換共々日頃のストレスを解消し楽しむための会合であり、番組内でのトークやブログに公開された写真などによると、他にほしのあき、磯山さやか、夏川純、杏さゆり、山本梓等が参加し誕生日会の開催などを行っているのだという。以降、男性芸能人(特にお笑い芸人)から事あるごとに「参加したい」という打診があるが、原則男子禁制であるためにKABA.ちゃんなどごく一部以外は男性芸能人の参加が許可されていないらしい。若槻自身は相手がグラビア出身であれば自分より年上の女性でも「ちゃん付け」で呼ぶが、これはいくつかの発言の場で「同じグラビアをやってる娘たちとは、ライバル視するよりもみんなで売れていきたい」という願いからだという。

* しばしば、飲み会などの勘定を本来は割り勘している所を知らない内に会計するほど、男気があるところがある。

* 明石家さんまから「人数足らんから若槻、今晩いいか?」と言われ、久しぶりの合コンだと思った若槻は、めかしこんで指定された場所につくと、さんまから「おお、若槻!悪いけど、今晩村上ショージ、参加できんのや」と言われて「いえ、全然かまいません」と答えたのだが、そこが合コン会場ではなく、さんまが時折開く、通称「張り芸教室」と呼ばれる食事会だとわかる。集まっていたのは、さんまを筆頭にガダルカナル・タカ、松尾伴内、浅田美代子。浅田はさんまの話を無視しながら食事をするが、他の人達は、さんまの話に声を張りながら答え、なおかつ運ばれてくる料理をちゃんと食べていたのだが、若槻は聞くのに一生懸命で料理を食べる事がおろそかになっていたところ、さんまから「若槻、話もテンポやけど、料理(を食べるの)もテンポやで!」と言われて「知らんがな!」と答えたのだった。

特徴

視力

* 視力が悪いためコンタクトレンズや眼鏡を使用している。若槻のブログにそれがわかる内容が数カ所見られ、雑誌に眼鏡をかけている姿が掲載されていた。

運動神経

* 自身は卓球が得意(中学時代は卓球部)としているが、その卓球を含め、運動神経を競うアトラクションでは活躍できずに終わることが殆ど。



* 車の運転に関しては得意な模様で、2006年半ばに普通自動車運転免許を取得し、堂本剛の正直しんどいの中で運転技術を披露している。
* 千原兄弟の千原ジュニアの発言によると、若槻と千原ジュニアは現在同じマンションに住んでおり、車庫も隣り同士。ジュニア曰く、「若槻はめちゃめちゃデカイ車に乗っている」上に「きちんと奥までバックで駐車させておかないため、車庫に車を出し入れするときたいへん邪魔になる」と語っていた。

頭脳

* 2004年、フジテレビのめちゃ×2イケてるッ!のオールスター夢の激突8周年感謝スペシャル バカまん決定!!め茶の水女子大附高校 抜き打ち中間テストの回において出演者の中で最下位の成績を収め、「バカまん」との称号を得る。本人はこれに反発し「(私は)バカまんじゃありません! ヤリまん(やる気満々の意味)です!!」と叫んだ。この日、日本列島を大型台風が直撃し在宅率が多かったことと番組内容の面白さが相まって、同番組の視聴率は急上昇。バラエティ番組史上7位の高視聴率を叩き出した。実質上その時の主役だった若槻は、これをきっかけにバラエティアイドルとして知名度も一気に全国区に踊り出ることになり、まさにターニングポイントとなった。この番組に出演以降「おバカキャラ」が定着し、逆に珍回答を期待するクイズ番組などのオファーが増えた。ちなみにこの日は偶然にも自身の出演映画『想色(おもいのいろ)』の公開日で番組放送時は舞台挨拶中であり、異様なほど大きな反響があったことを本人は後から知って驚いた、と後に語っている。
* 普通自動車運転免許を取得する際、「学科試験に6回も落ちて、しかもそのうち2回は外国人コース」と語る。なお、自動車教習所に『外国人コース』は実在しない。外国人受験者向けに問題と答案用紙の漢字にルビを振ってあるのみ。漢字がほとんど読めないため、全ての漢字に振り仮名が振られている問題用紙で2回受験したものの、2回とも落ちてしまい、受験した場所にちなんで『魔の鮫洲』という学科試験のエピソードが複数の番組で数回語られている。
* 「クイズ!ヘキサゴンII」の「フジテレビアナウンサー大会」(2006年2月8日放送分)では香田晋、村上ショージと共に番組の「最強おバカさん」としてアンカー回答者になっていたが、その場での対応力に優れていることから、本来アシスタントでこの回は回答者側に回っていた中村仁美アナの代理でアシスタントを務めた。「ヘキサゴンII」には数ヶ月に1度程度出演しているが、「予選ペーパーテスト」では現在まで最下位を脱出したことが1 回しかなく、最高点5点・最低点1点・平均2.75点は3回以上出演したタレントの中では全てワーストとなっている。また前述の通り漢字が読めないので、「アナウンスクイズ」では司会の島田紳助を爆笑させることがしばしば見られる。あまりのおバカぶりから「PKクイズ」の問題に使われた「渋谷の女子高生300名に聞いた"こいつバカだなぁ"と思うタレントベスト20」では、当番組の準レギュラーで「おバカさん」の筆頭格である里田まいを抑えて1位になった。
ちなみに里田と初めて共演した2007年8月1日放送分の2時間スペシャルでは(この2人は「ヘキサゴンII」に限らずテレビではこれが初共演である)、収録前日に自らのブログで里田や木下優樹菜(若槻の事務所の後輩で、「予選ペーパーテスト」で若槻に負けたことがある唯一の人物)などが出演すると予想し「こんだけアレ(おバカさん)が揃えば私は馬鹿槻千夏を卒業です」と自信を見せていたが、結局「予選ペーパーテスト」では自身2度目の1点(1点以下を複数回記録したのは史上初)を取ってしまいダントツの最下位となった。なお、それ以後の出演はない。

トラウマ

* 初期の頃のバラエティ番組で海に投げられ溺れかけた事がきっかけで水に対して極度の恐怖感を持つようになったという。その度合いは、デビュー以後、顔を洗う事も出来ず濡れタオルで顔を拭いているほど。

* テレビ東京の特番『浜田スーパー親子塾』においては、子供達と沖縄の海で熱帯魚を見ようという企画の際、水深が膝の高さほどの浅瀬でゴーグル・シュノーケルにウエットスーツ着用という条件にも関わらず、恐怖でなかなか海面に顔を付ける事が出来ず、共演者の励ましでやっとの思いで海中を覗く様子が放送された。

涙脆さ

* 痛快!明石家電視台のスペシャルでは3度明石家さんまによって泣かされている。1度目はカーリング、2度目は村上ショージとの中華料理対決、3度目はクイズに1発で答えてしまい落ち込んでいるところをイジられたため。
* 2006年に放送されたフジテレビの深夜特番タミゴエにおいて「写真集の発売イベントで昔から応援しているファンの皆さんが大勢集まってくれたことに感激して泣き出してしまい、イベントを中断して化粧直しをした」という関係者コメントが放送されている。

飽きっぽさ

* ダイエットのために始めたジム通いも中途半端に終わり、使用料の滞納で辞めさせられたことがあるという。
* 通販マニアでよく買い物をするが、到着した本棚を組み立てずに放置したり、商品が届く頃には興味を失っていることもしばしばあるという。『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演した際、通販で買ったまま箱も開けずに自宅に放置していたパン焼き機を番組オークションに出したこともあると語っていた。
* 『堂本剛の正直しんどい』に出演したのがきっかけで、ギターを始める。しかしその後練習しているという情報が出てこない。

行動

* 社交的な性格から付き合いで外に出ることも多いが、1人でいる時間も同じように大切にしているという。
* 仕事の合間を使って雑貨屋などのショッピングはよく行く。
* 自宅や漫画喫茶で漫画を読んだりしてノンビリする時間も好きとのこと。
* 病気療養後は余暇を利用して自ら一般人に混じってフリーマーケットに出品し売り子をしていたりもしている。

恋愛

* 自身でも「恋愛に関しては糞真面目」と語り、異性に対してはシャイで引っ込み思案で、二人きりになると照れてしまって何も喋れなくなり、自分からは好きと告白できないという。
* 家事が得意なこともあって、好きな相手には何かしてあげたいと思うらしく、「尽くすタイプ」と自身で発言している。
* 中学時代、当時憧れていたバスケットボール部の先輩に僅かでも近付きたかった一心から、スポーツ音痴の自分にも出来る種目で、練習が同じ体育館内(部活中ずっと見ていられる)という理由で卓球部に所属。片思いは実らなかったが、デビュー後、某番組で憧れの先輩に再会、改めて告白するも既に相手に彼女がいてあえなく振られた。
* LIVE2003 すぽると!&ニュースのレポーター時代、当時のイケメンの代名詞であったサッカーのデビッド・ベッカム(レアル・マドリード)のファンになり、来日記者会見で目線をもらっただけで泣き出してしまう程だったが、母より借りた韓国ドラマのDVD『冬のソナタ』をきっかけにペ・ヨンジュンファンに鞍替えした。好きが昂じて2005年夏のオフには母と共にプライベートで「冬ソナツアー」にも参加した。
* 2007年の正月深夜特番『女だらけのかうんとだうん新年会』にて、「抱かれたい芸人ベスト3」というお題が出された時に、若槻は1位に土肥ポン太、2位にサバンナ八木真澄、3位にケンドーコバヤシをあげている。
* 同年5月25日に『恋するハニカミ!』でゲスト出演した際に、「芸能人の中で気になっている好きな俳優がいる」と言い、一緒に出演していた鈴木杏がその俳優と友人である事を知ると、すかさず取次ぎを頼んでいた。
* 同年8月7日にはダルビッシュ有に失恋したと自身のブログで明かした。

公式ブログ

* 2007年1月18日よりサイバーエージェント運営のレンタルブログサービス・アメブロで本人出筆による公式ブログ『マーボー豆腐は飲み物です。』を開始。普段は明かさない心の内面を素直に綴った内容と芸能生活の面白おかしいエピソード披露が好評で、アメブロのトータルアクセスランキングでは開設以来常時1位を記録する程に高いヒット数を誇る人気ブログの1つとなっている(2007年10月現在)

* ブログには自身の事以外にも共演者や芸能界の友人たちの様子がネタとして書かれる事も多く、マネージャーの通称「ハンサム氏」東原亜希、大沢あかね、品川祐(品川庄司)、藤本敏史(FUJIWARA)など頻繁に登場するレギュラーキャラクターも存在する。また、品川は若槻のことを新ブログの女王と呼んでいる。

* 一般閲覧者のみならず、鈴木繭菓や小松千春など芸能人の中にも自身のブログで、また鈴木杏など、共演した番組内で若槻ブログのファンである事を公言する者も数多い。

* タイトルはマネージャーのハンサム氏の発言に由来。しかし「その場のノリで付けてしまったので、後から考えたらもっといいタイトルを付ければよかった」と少々後悔しているという。

* 事務所の同僚であり親友でもある東原亜希が自身のブログで若槻のことをネタにする場合、よくイニシャルで「WC」と記して
いたが、若槻当人はトイレ(water closet)の略称と一緒である事を気にしている(2007年6月13日付の更新より)。
しかし最近では、東原はそれに配慮してか、その書き方をしていない。

* 一時期コメント欄が荒れたことが原因でコメント欄を閉鎖したが、2007年の誕生日に一時的にコメント欄を復帰したところ、1日で7500オーバーという空前のコメント数を記録する。その事に感じ入った若槻はそのまま継続してコメント欄を開放している。

* ブログ上の自己紹介は、性別『愛想あるのにもてない女』、誕生日『村上ショージさんと同じ誕生日』、出身地『グラビア界の東武東上線』、特技『リアクション』、趣味『いたずら』としている。

仕事に対する姿勢

* バラエティ番組をハードディスクに録りためて自分のトークの反省や勉強を怠らないという。これはかつて踊る!さんま御殿!!に出演した際、「話の輪に入っていけず全く喋れなかった事で悔しい思いをしたのが原因」と後の雑誌インタビューで答えている。
* 絶対に椅子に深く座らず、いつでも立てるように前のめりに座っている等、他の芸人よりも素早くリアクションを取るシーンが数多く見受けられる。
* バラエティでの振る舞いや一般人に絡まれた際の対応等について、自ら出川哲朗に教わりに行ったことがある。
* 品川祐が爆笑問題の検索ちゃんで発言したところによると、「番組でトークをカットされないためのコツ」という所謂ひな壇芸人テクニックを教わっている。
* 2006年、新堂本兄弟で、競馬番組を担当していた当時に自ら付けていた競馬ノートと、普段からつけている料理レシピをテレビ番組内で公開した。
* バラエティー番組では言動が極めてストレートで、共演者に「それ、~じゃん!」、「意味ねー!」、「すげー!!」など、いわゆる若者言葉で応答する事が多い。自らは雑誌のインタビューで「芸能界で生き残る為に毒舌キャラを演じている」と発言しており、実際に出る番組のカラーによって言葉遣いを変えている場面は見受けられる。
* 島田紳助、中山秀征、明石家さんま、細木数子、鳥越俊太郎他、多くの番組共演者からその頭の回転や機転の良さ、気配りを評価される場面があったり、涙腺が脆く番組内で涙を見せる場面も多くあったりする。
* 口の軽いおしゃべりなキャラが災いし、男性芸能人から携帯の電話番号をなかなか教えてもらえないという。自身が周囲の意見を聞いてみたところ「話すといろいろ外でバラされそうだから」。そんな中で芸人の原口あきまさには無理矢理、携帯の電話番号を交換してもらったという。

* トーク中に適当に答える芸風は高田純次を彷彿させ、さまぁ~ず三村からもフジテレビの深夜番組内『タミゴエ』でその事を指摘され、「そういえば高田さんの(著書である)『適当論』を最近読みました」と発言している。

* 2003年のテレビ進出以降、営業戦略上の理由でグラビアでの水着露出を控えていたが、当人は未だにグラビアアイドルを天職と考えているようで、作るなら自ら関わって最高の物を、というポリシーから、2006年5月、自身の22歳の誕生日に約3年ぶりとなるセルフ・プロデュース写真集『チナッティー ~ホノルルと神田の関係~』(撮影:藤代冥砂)を発表。生尻の露出を強調した写真で注目を集めた。この写真集の為に3キロ近く減量を行ったり、グラビアの為にストイックに取り組む姿は、ファンのみならず関係者からも高い評価だったという。ただしこれ以上の露出をするつもりはなく、「グラビアはやれても写真集は当分は無理でしょうね」と2007年の雑誌「FLASH」グラビアでコメントしている。また「乳首が黒い」という理由から、たとえ映画等で脱ぐ必然性があったとしてもヌードを披露する気はないという。

* 過去に2度CDを発売しているが実売が良くなかったこともあり、その事実を隠したがる様子が度々バラエティ番組で映される。またそれをネタに番組内でいじられてマジ泣きした場面もあるが、歌うこと自体は好きであり、仲の良い大沢あかねとカラオケに出かけた様子がブログに掲載されたり、「第8回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル(2007年5月22日放送)」では準決勝まで進むなど、それなりの歌唱力は持ち合わせている。また2007年6月にかつて共にユニットを組んで活躍した同じ事務所の高杉さと美が歌手として再デビューした際には、自身のブログで「私の時とは扱いが違う」とavex松浦社長に皮肉とも取れる発言をしているが、これは若槻流のジョークだろう。

* 2007年8月19日放送の24時間テレビ(日本テレビ)に出演した際、ドッキリに引っかっかった映像が流された。とある飲食店で、東原亜希から番組の共演者であるビビる大木からセクハラを受け秀さんに言った方が良かったかな、と相談された若槻は「キモス」「確実に彼は(中山秀征の)バーターですよ」と言い放ち、自分がセクハラされた場合には「されたら言う」「ちょーでっかい声で言う」「生放送で言う」と語る。その後、東原は『踊るさんま御殿』が苦手であり、明石家さんまの視線に耐えられないという話をふると、若槻は「わたしコツ知ってるから」「話のネタがあるときは、さんまさんをじっと見て、話がないときはゲストの方ばっか見て、絶対にさんまさんを見ないの。そうすると、まったく話を振られないから!」と語り、さらにトーク番組に出演した際に、編集でカットされないテクニックを披露する。それは「背もたれに寄りかかるな、大御所の語尾に重ねていけ」だった。そして話はワイプに移り、若槻いわく「乗り気のときって、わたしワイプですら活躍してるの」と嬉しそうに語る。だが、このセリフが24時間テレビの着信ボイスとしてダウンロードされるはめになったのであった。なお、このドッキリについては、若槻のブログ内では、オソルベシ大人達。東原のブログ内では、エイプにちょっぴり語られている。

こぼれ話

* 高校時代はパソコン部に所属。しかし殆ど部活には出ないで、小遣い稼ぎのためにアルバイトに精を出していたという。アルバイト先の軽食店では、お客さんが手付かずで残したオーダー品を冷蔵庫で冷やしておやつにしていたこと等がアルバイト先のオーナーの口から語られている。

* グラビアデビューしてから暫くの間は、父親に芸能界入りを知らせていなかったが、ある日電車の中吊り広告に出ていたのを父親が気付いてしまい発覚。父親は5年という期限を設けたが、自ら「3年間頑張って芽が出なければスッパリ辞める。もし成功したらそのまま続けさせてください」という約束で芸能界入りを認めてもらった。父は今では自ら写真集を大量購入し、知り合いに配りまわるほどに応援してくれているという。

* グラビアアイドルとしての活動を始めてから半年ほど、小遣い稼ぎのために事務所に黙ってビル清掃の早朝アルバイトを兼務していた事があるという。また、遠方にある埼玉の実家から渋谷の事務所まで通うのが大変だった事で、一人暮らしを始めるまでは着替え持参でシャワー設備のある渋谷の漫画喫茶に最大1週間寝泊りしていたことがあるとのこと。

事件 スキャンダル

AV女優疑惑

* AV女優の米倉夏弥が雑誌のグラビアでは“若槻千夏のそっくりさん”という触れ込みで「若槻千春」名義で活動している(この名義付記でAVを販売している店もある)。若槻の本名が「千春」であるため、親が勘違いして慌てて連絡してきたこともあったという。若槻本人もこのAVを見てビックリしたと某バラエティ番組で発言。

田村淳との熱愛報道

* 学生時代からロンドンブーツ1号2号のファンであり、コンビの片割れ田村淳との交際が報じられたが、フジテレビの『27時間テレビ』の「大かま騒ぎ」で、田村淳自身が破局したことを暴露。その後、写真週刊誌『フライデー』にも報じられたが、掲載されたデート現場は数ヶ月前のもので、記事が出た時点では既に破局していた模様。それ以降、ロンブーと若槻が共演することは無くなった。当時より所属事務所の稼ぎ頭であった若槻を守るために、事務所側が強制的に別れさせたという話もあるが、定かではない(フライデーに同時に掲載された関係者インタビューで「男と付き合ったら事務所を辞めさせる」という所属事務所の発言あり)。
* 若槻は「お笑い芸人と付き合ったことがない」と明石家さんまの目の前で発言していたために、『踊る!さんま御殿!!』や『さんまのスーパーからくりテレビ』、『明石家電視台』などでさんまに散々なじられた。
* 2007年5月放送の踊る!さんま御殿!!では自身の恋愛話として「あの頃は付き合ってませんでした、と言っていたが付き合ってました」と笑いながら白状し、その後にさんまの計らいで淳から電話を受けたことも告白している。またこの時若槻は「さんまさんは人の恋愛話に首を突っ込みすぎる」と苦言を呈している。

ウエンツ瑛士との熱愛の噂

* ダウンタウンDXで、ウエンツ瑛士とえなりかずきがドラゴンボールの話題で盛り上がっていたところ、漫画好きということで若槻にもダウンタウンが話を振るが、ウエンツやえなりほど詳しくないのでと答えると、なぜかウエンツに「謝って!」と言われ、すかさず「なんでてめぇに謝らなきゃいけねぇんだよ!」と激怒した。ウエンツとは『恋するハニカミ!』の企画デートで知り合っていることや、バラエティ番組での共演機会が増え、さらにキャラが被っていたことから、一時期事あるごとに「ウエンツ潰す!」と挑発していた。一連の挑発行為を好意の裏返しととらえられ男女関係を噂されたこともあったが、本人によると最初から恋愛には程遠いという。実際のところはモンキッキーを交えてプライベートで遊びに行くほど仲が良い。ただし、ウエンツがWaTとしての活動が増えてからは疎遠になっているとのこと。

体調不良による休養時中の数々の疑惑

* 2006年後半に体調不良による休養を余儀なくされたが年末に復帰。年末に行われる毎年恒例のオールザッツ漫才では例年通り司会を務めた。2007年1月3日深夜の堂本剛の朝まで正直生しんどいの生放送の中で、共演者が気を遣って休養中の話題をしていいのかどうか戸惑っていた雰囲気の中、アンガールズ山根のネットサーフィンの話で若槻の休養中の種々の噂について触れた所、「いろいろややこしくなるから!」と噂で回りに迷惑がかかった事を配慮している様子を見せた上で、「どんどん話題にしてよ!」といつもの明るいトーンで返すだけでなく、「妊娠してないっつーの!」、「目元とかいじって(整形して)ないから!」、「子供もいないし堕ろしていないから!」などと自虐とも取られかねない内容で疑惑を否定し、スタジオを明るく笑わせるトークを披露した。なお同様の疑惑については『グラビアトークオーディション』の中でもキッパリと否定している。

* 陣内智則と藤原紀香の熱愛報道があった際に、芸能記者が若槻の実家を訪れた。若槻と陣内は「オールザッツ漫才」の司会や「桃太郎電鉄シリーズ」のCM等で何度か共演した事から、「これらの共演を通じて若槻が陣内に惚れてしまい、今回の陣内・紀香熱愛報道で若槻がショックを受け体調を崩したのではないか?」と芸能記者が深読みしすぎた為との事。取材を受けた若槻の母親は、関東出身にも関わらず思わず関西弁で「なんでやねん!」と答えたという。

お相手は韓国人男性

* 体調不良から復帰後の2007年2月。映画『叫』宣伝トークイベントの際に「好きな人ができました。飛行機で偶然隣の席になった韓国人の男性です」と発言した。

* マスコミには恋人宣言かと騒がれたが「現時点ではあくまで自分の片思いであり、相手が韓国在住のため、相手からはっきりとした好意を持たれているかどうかは確認できていない」と後日の記者会見で答えている。

* チョナンカンの著書『チョンマルブック』を持ち歩き、韓国語を勉強。国際電話は週に1~2度、英語の喋れる友達と一緒の時にかけたりしたという。

* 親密度が増したと思ったゆえ「韓国まで遊びに行く」と伝えたところ、相手の携帯電話の番号が突然変わってしまい連絡が取れなくなった、と遠距離とお互いの温度差の違いから成就すること無く終わったことを2007年5月の踊る!さんま御殿!!で報告した。その際には「一重まぶたの人が好み」と発言している。

* 明石家さんまのクリスマス深夜の恒例番組「明石家サンタ」で不幸自慢で電話出演する。内容は以前から好きだった人がいて告白しようかと思ったら、相手に彼女が出来たと言われてしまったというエピソードを披露。 Apple製のパソコンが懸賞で当たるも、本人はショックな事を思い出し電話口で泣き出してしまい「誰かほかの人にあげて・・・」と発言。

爆発事故

* 2007年6月19日に渋谷区松涛にある女性専門入浴施設『SHIESPA』爆発事故で3人が死亡した事故について、その当日に行きつけだった当該施設へ向かっていたが、ふと思い立って行くのを中止し、自宅に引き返したという。その後自宅でテレビを見ていたところ当該施設の爆発事故を知り危うく難を逃れたことを自身のブログで明らかにしている。

脚注
[ヘルプ]

1. ^ sabra増刊『wi☆th』写真集より。
2. ^ 潰瘍性大腸炎は過度の疲れやストレスが原因となって再発・慢性化する場合が多くその為の措置。
3. ^ 兄と一緒に父親の運転する電車に乗りに行ったことがある。(「B.L.T」2007年8月号より)。
4. ^ 公式ブログ 2007年2月5日更新分
5. ^ ちょいとアレンジした感じの歌い方で本人曰くライブバージョンとのこと。
6. ^ 2002年発行のwi☆th写真集のインタビューページに部屋の様子が写真掲載されている。
7. ^ だがそのバイト先には先に別の人間が採用されてしまったという。
8. ^ ダウンタウンDXに出演した際のの発言
9. ^ CXタミゴエ
10. ^ 公式ブログ 2007年3月10日更新分
11. ^ 芸歴が先輩で、年齢が後輩の意味。
12. ^ ダウンタウンDXに出演した際に語ったエピソード。
13. ^ ダウンタウン、ゲスト、会場は笑いに包まれた。
14. ^ さんまの話を聞いて「へぇー!」「ふんふん!」「おおー!」など、とにかく声を張りながら食事をする会
15. ^ 会場全体が爆笑に包まれた。
16. ^ 『ダウンタウンDX』2007年4月26日放送分
17. ^ グラビアトークオーディションの前説トーク中、当時運転免許取得を目指していたほしのあきに向かって。
18. ^ 『ダウンタウンDX』平成19年7月5日放送分の発言。
19. ^ 公式ブログ 2007年2月5日更新
20. ^ 毎日新聞
21. ^ 公式ブログ 2007年8月7日更新分
22. ^ 顔がハンサム(イケメン)という意味ではなく、半分サムいの意味と言われている。
23. ^ 一般的に『新ブログの女王』は中川翔子、元祖ブログの女王は眞鍋かをりである。
24. ^ 同ブログ2007年1月19日投稿の記事より
25. ^ 2007年3月、アメブロスペシャルavex松浦社長との対談より。
26. ^ 品川が若槻に教えたのは「大御所の話にのっかること」だとか。
27. ^ フジテレビうちくる!?で原口が同席して時の発言。
28. ^ うたばん2006年5月11日放送分
29. ^ 公式ブログ 2007年6月5日更新分
30. ^ あくまで若槻をだます為のネタ。
31. ^ 中山秀征
32. ^ ビビる大木の事が
33. ^ 気持ちが悪いという意味のしょこたん語
34. ^ 若槻いわく品川庄司の品川に教わったと語っていた。
35. ^ ウチくる!?
36. ^ 徹子の部屋などのトーク番組や雑誌インタビューで繰り返し発言している。
37. ^ 米倉のプロフィールでは若槻本人より年上である。また、同時期には「若瀬千夏」という別のヌードモデルも実在した。
38. ^ よりを戻したわけではなく、淳曰く「さんまさんが掛けろって言うから・・・」というのが真相な模様。
39. ^ 後日放送の『グラビアトークオーディション』の中でも同様の発言をしている。
40. ^ 2007年3月の「待ちデコ」テレビ向け記者会見。
41. ^ 2007年3月メレンゲの気持ち楽屋訪問での話から
42. ^ 爆発したのは『SHIESPA』の従業員用施設で、お客が利用する施設とは距離が離れた場所にあった。ということは、若槻はこの従業員用施設がある場所を通る予定だったと推察される。
43. ^ 鈴木紗理奈も事故当日の時間帯に友人と行く予定だったが、到着時間を夜に変更したため危うく難を逃れた。(日本テレビ「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」で激白)

出演

テレビ

現在出演中のテレビ番組

* 痛快!明石家電視台(2005年2月 - 、MBS) - 準レギュラー
* なつめぐ堂リアルスタイル(2006年4月 - 、CBC) - メインMC
* ダウンタウンDX - 不定期

過去に出演したテレビ番組

* 感動ファクトリー・すぽると!&ニュース(2003年4月 - 2004年9月、フジテレビ系) - 土曜日リポーター
* 若槻千夏STATION(2003年4月 - 2003年9月、SKY PerfecTV! 371ch)
* ものすぽると!(2003年5月 - 、フジテレビ系) - 不定期放送のスポーツグッズ通販番組、メインMC
* てっぺん魂(2003年10月 - 2004年3月、テレビ東京) - 準レギュラーのトークパーソナリティー
* ヒデヨシ(2003年10月 - 2004年10月、CBC)
* 志村塾(2004年4月 - 2005年9月、フジテレビ系)
* オールザッツ漫才(2003年12月、2004年12月、2005年12月、2006年12月、毎日放送)- メインMC
* うまッチ!(2005年1月 - 2006年12月 、フジテレビ系) - メインMC
* メレンゲの気持ち(2005年1月 - 2007年3月、日本テレビ系) - MC
* ムッチャDOLL箱 乙女の祈り(2005年2月 - 3月、よみうりテレビ) - 不定期放送
* スーパー競馬(2005年4月 - 2006年12月、フジテレビ系) - メインMC
* Click!(2005年4月 - 2005年9月、日本テレビ) - 木曜担当MC
* 中山道(2005年4月 - 2005年9月、テレビ東京)
* A(2005年4月 - 2005年6月、日本テレビ系)
* 落下女(2005年10月 - 2006年3月、日本テレビ系) - ナレーション〔天の声〕役
* 恋愛部活(2006年4月 - 2007年3月、日本テレビ系) - メインMC
* グラビアトークオーディション(2006年10月 - 2007年3月、フジテレビ系) - メインMC
*  お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル(フジテレビ)

ラジオ

現在出演中のラジオ番組

* 千夏のなぞなぞナゾ?(2003年1月 - 、JFN)
* ゴチャ・まぜっ! 水曜(2005年10月 - 、MBSラジオ)

過去に出演したラジオ番組

* オレたちのヒロイン(2003年10月 - 2004年9月、MBSラジオ)
* YOUNGPARK延長戦2時まで生風討論(2004年10月 - 2005年3月、MBSラジオ)
* YOUNGPARK30(2005年4月 - 2005年9月、MBSラジオ)
* 若槻千夏 ACADEMY(2005年10月 - 2006年3月、TOKYO FM・JFN系

雑誌連載

* B.L.T.(東京ニュース通信社)「WAKATSUKI PRODUCE」
* KING(講談社)「エコライフ・エゴライフ」
* 女性自身(光文社)「千夏のマン喫TIME」※隔週掲載

ドラマ

* ごくせん 第5話(2005年1月 - 2005年3月 、日本テレビ系) - 水島真希 役
* レガッタ~君といた永遠~ (2006年7月 - 2006年9月 、朝日放送・テレビ朝日系列) - 田島千香子 役

映画

* NO NAME (2004年、及川中監督) - 麻美 役
* 呪霊 THE MOVIE ~黒呪霊~ (2004年、日本スカイウェイ・パル企画、白石晃士監督) - 前田紀子 役(主演)
* 想色 ~オモイ・ノ・イロ~ (2004年、KSS・ジーダス、喜屋武靖監督) - 杏奈 役(主演)
* タッチ (2005年9月、東宝、犬童一心監督) - 矢部ソノコ 役
* オトシモノ (2006年9月30日公開、松竹、古澤健監督) - 藤田香苗 役(準主演)

CM キャンペーン

現在出演中のCM キャンペーン

* ハドソン『桃太郎電鉄シリーズ』CMキャラクター
* ハウスウェルネスフーズ「生ローヤルゼリー1000ドリンク」CMキャラクター(ミツバチの着ぐるみ姿で出演)
* 八十二銀行「はちにのかん太くんカード」イメージキャラクター
* オカモト産業「CARALL」イメージキャラクター
* pdc「スキンラミネート」イメージキャラクター

過去に出演したCM キャンペーン

* 全日本GT選手権 2002年度イメージガール『wi☆th』メンバー
* 格闘技イベント INOKI BOM-BA-YE 2003 ボンバイエガール
* 京朋 2003年度着物モデル
* 公営企業金融公庫
* スパワールド『スパプー』、『ウォーターウォーズ』
* ノーリツ鋼機『超速デジカメプリント』
* NTT西日本
* ナムコ『熱チュープロ野球2004』CMソング
* EPSON『フォトプリント』イメージガール(2003-2004年度)
* WEDS イメージガール(2004年度)
* キグナス石油 イメージガール(2004-2005年度)
* LAWSON『2004年夏のCMキャラクター』
* 明治製菓『小粒チョコシリーズ』、『プッカ』、『きのこの山とたけのこの里』CMキャラクター
* ツムラ『きき湯 食塩炭酸湯編』CMキャラクター
* CrossforNewYork イメージキャラクター
* Nextjapan 『JJ CLUB 100』イメージキャラクター
* ファブリカコミュニケーションズ「車選び.com」「鈑金・塗装ファブリカ」「クルマ買取ファブリカ」
* 京都きもの友禅 CMキャラクター
* 秋葉原電気街振興会『2006夏の秋葉原電気街まつり』イメージキャラクター
* 古本市場『2006年夏のキャンペーン』イメージガール
* 秋葉原電気街振興会『2006冬の秋葉原電気街まつり』イメージキャラクター
* サントリーフーズ「BOSS レインボーマウンテン」CMキャラクター
* m.andoniaイメージキャラクター

作品

写真集

* 千夏のカタチ(2002年3月、撮影:斉木弘吉、彩文館出版) ISBN 4-9161-1578-3
* 千夏トイツマデモ(2002年10月、撮影:斉木弘吉、竹書房) ISBN 4-8124-1019-3
* 初恋物語 涙で見えない(2002年10月、撮影:加納典譲 / 文:早川杏子、竹書房) ISBN 4-8124-1018-5

文庫本サイズの写真集。

* 若槻千夏ピンナップポスター(2002年11月、撮影:西條彰仁、ワニブックス) ISBN 4-8982-9871-0
* CHINATU GRAPHY(2002年12月、撮影:山岸伸、アクアハウス) ISBN 4-8604-6066-9
* ちぃ! ~自転車に乗って~(2003年、撮影:上野勇、集英社) ISBN 4-0878-0382-1

初のローマロケ。

* チナッティー ~ホノルルと神田の関係~(2006年5月28日、撮影:藤代冥砂、ソニー・マガジンズ) ISBN 4-7897-2826-9

3年ぶりの写真集で、Tバックショットなどが話題(以前カメラマンに「尻が綺麗」と言われた為、それをメインに撮った)。

オムニバス作品

* PLATINUM ~素足の少女達~(2001年10月、山岸伸、コンパス) ISBN 4-8776-3079-1

所属事務所の新人タレント8名のオムニバス作品。

* 若槻千夏大作戦(2002年、GOT)

Katreaの撮影風景をまとめたDVD付きムック本。

* ビジョメガネ(2005年11月、ソニー・マガジンズ) ISBN 4-7897-2726-2
* 少女伝説(2006年2月、アライ テツヤ / 高倉 文紀、双葉社)ISBN 4-5754-7813-X

他のモデルは市川由衣、堀北真希、末永遥、岡本奈月、石田未来、仲根かすみ

* ビジョメガネ2(2006年6月、ソニー・マガジンズ) ISBN 4-7897-2873-0

Video & DVD

* Katrea - カトレア(2002年、ドーガ)2004年、Air Controlからも再販。
* Chi-chan(2002年、VegaFactory)
* Present(2003年、hmp、DigiCube)2004年、リバプールからも再販。
* ちぃ! ~ピザを食べたら~(2003年、集英社)
* ちぃ♪夏色想(2004年1月、フォーサイド・ドット・コム)
* Se-女!A-Side 若槻千夏1(2004年1月、GPミュージアムソフト)
* Se-女!A-Side 若槻千夏2(2004年2月、GPミュージアムソフト)
* 若槻改革(2004年7月、リバプール)
* Se-女!2 若槻千夏「ちぃ」(2005年、フォーサイド・ドット・コム)
* ちぃさなこいの物語(2005年、フォーサイド・ドット・コム)
* 2SIDE PAC(2006年、ラインコミュニケーションズ)

オムニバス作品

* sabra bestgirls DVD(2003年、小学館)(共演:熊田曜子、小倉優子、磯山さやか)
* パーティーは今宵だけ・・・。(2003年、DigiCube)(共演:伊織)

CD

若槻千夏 名義

* 愛のカケラ(avex - Disc du Soleil)VFCD-11010
o (C/W)C-C-C:テレビ東京「Se-女!」エンディング曲
* Diamond~キボウノシルシ~(avex - Disc du Soleil)VFCD-11011 DVD付
o Diamond ~キボウノシルシ~:PS2用ソフト「熱チュー!プロ野球2004」テーマソング
o (C/W)あなたのいない雨:呪霊 劇場版 ~黒呪霊~ 主題歌
o 付録DVD
+ Diamond ~キボウノシルシ~(ミュージッククリップ)
+ Chi-7 Days Style
+ あなたのいない雨(ミュージッククリップ)

チナッチャブル 名義

アンタッチャブルとともに「チナッチャブル」という名でのクレジット。

* 勝利の花びら / ハルハラリ(2006年5月10日、ソニーミュージック・ダイレクト)MHCL-783/4(初回限定盤)、MHCL-785(通常盤)

* 勝利の花びら:テレビ東京系アニメ『ケロロ軍曹』の6代目エンディングテーマ。コーラスにはアニメソング歌手の日向めぐみが参加。
* ハルハラリ:『うまッチ!』『スーパー競馬』エンディングテーマ曲。

* ケロロとギロロの地球(ペコポン)侵略ラヂオ毎週土曜深夜24時~24時30分(ラジオ大阪)※エンディング曲のみ出演。若槻自身としては初のアニメ系ラジオ番組への進出。

外部リンク

*若槻千夏オフイシャルブログ マーボー豆腐は飲み物です。
*ぴ写っ!Platinum - 公式携帯サイト
*プラチナムプロダクション - 所属事務所

内部リンク
*アイドル通信内若槻千夏カテゴリ

(Wikipedia参照)

ランキングの応援よろしくお願いします☆

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する