FC2ブログ

持田香織の子供時代のCM動画~最新写真集

さきがけアイドル通信アイドル画像やCM動画、YOUTUBE動画まで網羅!! AKB48,Perfume,佐々木希,ほしのあき,新垣結衣,しょこたん,北川景子,夏帆,優木まおみ,などなどあなたの知りたい情報全て教えます!!

ブログ内検索

特集記事

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

月別アーカイブ

最新コメント

ランキングサイト

人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

ブログランキング

くる天 人気ブログランキング


芸能人人気ブログランキング

No1ブログランキング!(エンターテインメント/芸能人/アイドル)

ブログランキング

Blog Rank7

芸能・アイドル

PVランキング

相互リンク様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングの応援よろしくお願いします☆

持田香織の子供時代のCM動画~最新写真集

持田香織

持田 香織
(もちだ かおり、1978年3月24日 - )は、東京都江東区出身のシンガーソングライター、歌手、作詞家。Every Little Thingのボーカリスト。旧芸名持田かおり(後述)。作詞家クレジットではKaori Mochidaも使用。血液型は、A型。ニックネームは「もっちー」(テレビ番組によってはモッチーと表記されることもある)、「もっち」「かおりん」「だもきち」。甥と姪には「かっか」、Every Little Thing元メンバーの五十嵐充には、「かんちゃん」と呼ばれている(五十嵐のブログより)。

持田香織 画像


























持田香織の画像をもっと見る


持田香織 動画
持田香織スペシャCM




来歴

Every Little Thing以前
子役として、数々のテレビCM、モデル雑誌で活躍。小学校時代は、一輪車クラブに所属しており、登下校は一輪車でしていた。高校時代は、バトントワリング部に所属。
その後、持田かおりの名で、「週刊ヤングマガジン」誌上で公募されたアイドルグループ・黒BUTAオールスターズ(第2期)のメンバーとして芸能界入りし、テレビ東京『黒BUTA天国』に出演。同グループ名義でCDデビュー、後に1993年(平成5年)にシングル「もう一度」(テイチク)でソロデビューを果たすが、特にヒットすることはなく、一旦芸能界を離れ、学業に専念する。なお、「もう一度」は、ブレイク後の1998年(平成10年)6月に再発されている。
1992年(平成4年)、第6回全日本国民的美少女コンテストに出場したが予選で敗退。その年のグランプリは佐藤藍子、また米倉涼子が審査員特別賞を受賞している。
高校の先輩には、森尾由美がいる。
『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』では、子役時代に出演した第一家庭電器CMが放送された。また、本人も稀にアイドル時代のことについて語る場合があり、特に隠そうとはしていない。また、当時は松本人志にナンパされたと語ったこともある。

Every Little Thing発足
1995年(平成7年)、「エイベックス・ディー・ディー」のディレクターに五十嵐充を紹介された。五十嵐は、「エイベックス」の子会社の制作会社「プライム・ディレクション」のレコーディングスタジオ「プライム・サウンド・スタジオ青山」の電話番のアルバイトをしながら、音楽プロデューサーを志し、音楽創作を続けていた。週末にスタジオ勤務を終えた五十嵐と、五十嵐の作詞、作曲、編曲、プログラムした曲に歌を入れ、デモテープを作り続けた。当初、持田がソロでデビューする予定であったが、松浦勝人の勧めにより、五十嵐と2人のユニットでデビューする予定になった。さらに、五十嵐が楽曲にギターの音が欲しくなったことと心細さから、かつて共にバンドを組んでいた伊藤一朗を入れたいと松浦に打診し、了承を得て、3人のユニットとしてデビューすることになった。持田は、伊藤とデビューの1か月前に初めて会った。

Every Little Thingは、1996年8月7日、『Feel My Heart』でCDデビューした。

Every Little Thing発足後
テレビCMにも多数出演していて、その多くは、BGMに、CMとタイアップしたELTの楽曲(詳細は当該項参照)が使用されている。さらに、2003年(平成15年)には『ミドリノヘイワ』というフォト・エッセイを本にして出版している。
2004年(平成16年)10月20日には、尊敬する井上陽水のプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を、ソロとしては11年ぶりにリリースした。オリジナルは、1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。「YOSUI TRIBUTE」にも収録されている。
2006年(平成18年)3月24日に発売された、女優の綾瀬はるかのデビュー曲「ピリオド」の作詞(小林武史と共作)をしている。
2007年(平成19年)3月14日に発売された、歌手・中島美嘉のアルバム『YES』に収録されている『GOING BACK HOME』の作詞を担当。
2008年(平成20年)6月25日に発売された、バンド・DREAMS COME TRUEのシングル『MERRY-LIFE-GOES-ROUND/TRUE, BABY TRUE.』に収録されている『MERRY-LIFE-GOES-ROUND』のPVに出演している。
2009年(平成21年)1月28日に、約4年3ヶ月ぶりに自身3枚目となるソロシングル「雨のワルツ」(sakerockが参加している。)がリリースされた。また、同年3月田島貴男とCaocaoを結成し、フィンガー5の楽曲『個人授業』をカバー。映画『おっぱいバレー』の主題歌となる。

五十嵐との関係
*脱退後の五十嵐とは不仲であるとも言われていたが、2人体制になってからも五十嵐がELTのコンサートに行っていることが五十嵐のブログの中でも明らかにされており、交流は続いている。
*五十嵐が脱退した理由は「プロデュース業に専念するため」という理由が建前ではあるが、異説もある。それはまだ若く、とにかく歌うということ自体が楽しくて仕方がなかった当時の持田と、彼女より9才も年の離れている五十嵐の書く詞が、徐々に等身大の持田香織というキャラクターから離れ始め、五十嵐自身の世界観を彼女に歌わせてしまっているのではないかということからくる葛藤である。音楽に対して真摯に向かい合う完璧主義の五十嵐だけに、そのあたりのジレンマが彼を悩ませ始めていたという話もある。これを裏づけるものというわけではないが、2008年に『SONGS』に出演した際『Time goes by』について持田は「当時(19才から20才の頃)は、まだ歌詞の意味を(深く)理解しないで歌っていた」と語っている。
*五十嵐がELTを脱退して9年後となる2009年、36thシングル「DREAM GOES ON」(9月23日発売)で五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当した(歌詞は持田香織)。そして、その後の11月18日に発売した 37thシングル「冷たい雨」でも同様の体制を取った。
*2009年8月23日に行われたa-nation'09において「DREAM GOES ON」を演奏する際、持田は「何年ぶりになるんでしょう。やり続けていると素敵な再会がまたあるんだなと感じております。」という言葉で五十嵐を紹介し、 ELTのステージで共演も果たしている。

人物像

身体、特徴
身長160cm(公称) 体重43kg スリーサイズB78-W58-H80 左右の手の指全部の第一関節だけを曲げることが出来る。首を鳴らしたり、しかめっ面をするのが癖である。

交友
*友人に、aiko、坂井真紀、中島美嘉、中山エミリ、イモトアヤコなどがいる。

趣味・嗜好
*尊敬するアーティストは、YUKI。
*好きなスポーツはボウリングと水泳で、ボウリングの腕前はかなりあるらしく、テレビの企画でボウリング対決を行ったこともある。一方、水泳はデビューしてからするようになったが、最近ではトレーナーをつけて習っているという。
*料理が得意で、フードコーディネーターの知人から料理を教わって得意になり、自分のノートにはオリジナルメニューがいくつも書き貯めてある。その腕前は、『うたばん』等で披露している。『HEY!HEY!HEY!』で「得意な料理は何か」という質問に、中華料理ばかりを挙げ、司会のダウンダウンから「中華ばっかりやん!」と突っ込まれた。現在は、月1回のペースで料理教室に通っている。
*イチゴが好物で、特に好きなのは福岡県産の「あまおう」。
*AKB48のファン。理由は「歌って踊れてトークも出来る」から。ライヴには行ったことがない。(2009年12月現在)

人柄、仕事
*テレビ出演時はとても静かで大人しいが、ライブでは人が変わり、力強い煽り方をする。決め文句は「アホんなる気はあんのか、お前らぁ~!!!」で、ファンのボルテージは最高潮に達する。近年は「アホになる気はございますか!!!」と、少し敬語調に変えてきている。
*CDTV内のアンケート「恋人にしたいアーティストランキング」では、上位にランクインする常連である。しかし、1位になったことはない。
*主に作詞担当だが、14thシングル「sure」で初めて作曲に携わる(Every Little Thing名義)。4thオリジナルアルバム「4 FORCE」では、初めて単独で作曲した楽曲が収録され、以降アルバム「Crispy Park」までに1曲は本人作曲の曲が収録されている。
*『うたばん』出演時に持田の母が電話で2回出演したことがある。2回目は、中島美嘉のゲスト出演の際に、ELTが出演していないのにも関わらず、出演した。
*2002年12月14日に放送された音楽番組「ayu ready」で、浜崎あゆみの2ndシングル「YOU」を浜崎本人とデュエットで歌ったことがある。

ディスコグラフィ
Every Little Thing名義は同ユニットのディスコグラフィーを参照の事。

シングル
*もう一度(1993年11月5日) - 「持田かおり」名義でのリリース
1998年6月17日に再発された。
*いつのまにか少女は(2004年10月20日) - 「持田香織 produced by 井上陽水」名義でのリリース
*雨のワルツ(2009年1月28日)オリコン:11位
*個人授業(2009年4月8日) - 「Caocao」名義でのリリース、フィンガー5のカバー
*静かな夜/weather(2009年7月29日)

アルバム
*moka(2009年8月12日)※初回限定版あり

ゲスト参加
*avex THE ALBUM / V.A.: 『きよしこの夜』をカバー。
*Various Artists featuring song+nation / V.A.: 『in case of me』を歌唱(作詞、作曲は小室哲哉)。
*song+nation 2 -trance- / V.A.: 『Various Artists featuring song+nation』のリミックスアルバム。『in case of me (tatsumaki remix)』収録。
*ふたつの朝 / おおはた雄一: 『ふたりの音楽』にボーカル参加。
*The Best of Dragon Ash with Changes Vol. 2 / Dragon Ash: 『wipe your eyes feat. Kaori Mochida from ELT』にボーカル参加。PVにも出演。
*Music From The Magic Shop / おおはた雄一: 『あたらしい朝』にボーカル参加。初回生産限定盤(2枚組)のリミテッド・ディスクに収録されている。

詞提供
*ピリオド / 綾瀬はるか(小林武史と共作)
*サライの風 / MAY
*GOING BACK HOME / 中島美嘉(アルバム「YES」収録)- 中島美嘉本人がオファーして実現した。

テレビ出演

バラエティ・トーク番組
*いいはなシーサー(テレビ朝日、2009年8月13日)

CM
*ショウワノート おにかいさん(デビュー後)
*第一家庭電器 歳末ビッグセール(1985年)
*丸八真綿 (高見山大五郎と共演)
*バンダイ 歌って点太くん(1987年)
*TDK CDing・MD(1996年・Every Little Thingとして出演)
*森永製菓 ICE BOX(1997年 - 1998年)
*資生堂 SEA BREEZE(1998年)
*トヨタ自動車 ハイラックスサーフ(1998年-2000年)
*ダイドードリンコ Ti-Ha(2000年)
*Gateway Solo 3300(2000年)
*資生堂 MA CHERIE(2000年)
*カネボウ プロスタイル(2001年 - 2002年)
*ノーベル製菓 はちみつきんかんのど飴(2002年-2005年)
*ニベア花王 アトリックス(2003年-2005年)
*東芝 vodafone V601T(2004年)
*三井住友カード SMCCローンカード「エブリ」(2007年)
*サッポロビール 「サッポロ 冬物語」(2007年)
*佐藤製薬 「BION3」(2008年)
*スペースシャワーTV 「開局20周年特別CM」(2009年)

著書
*『Everything Precious―好きになるのは理由(わけ)がある』(1999年、角川書店、ISBN 4-04-883574-2)
*『ミドリノヘイワ』(2003年、マガジンハウス、ISBN 4-8387-1440-8)

写真集
*78 ~Ann douce(1998年、ワニブックス、ISBN 4-8470-2494-X) 撮影:長峯正幸
*buffo(1999年、集英社、ISBN 4-8342-5204-3) 撮影:YAMAGISHI SHIN

外部リンク
*持田香織 OFFICIAL WEB SITE - 公式サイト
(Wikipedia参照)

ランキングの応援よろしくお願いします☆

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する